私たちが地球で末永く暮らすために最も必要なこと。それは知ることです。

 

知らなければ、何をどうしていいかわかりません。そのまま同じ暮らし方を続けるから、知らず知らずのうちに事態は悪化しています。

例えば、私は昨日、生まれて初めて、横浜市内にある大岡川の源流地を訪ねてみました。この写真が大岡川の源流地付近です。おそらく昨日までの私と同様に、横浜市民の大半は、ここにこんな素晴らしい環境があることを知りません。大岡川というと、街中を流れる運河のような川ということしか知らないでしょう。しかしこの川の源流は、とても清らかな水が流れ、夏にはホタルが舞う。しかし、みなとみらいに流れ出るこの川は、見事なほどに濁り、そして上流からゴミを運んでいます。

私たちがもっとこの両側面を知り、水を大切にして、ゴミを出さない暮らしをすれば、極端な話、この清らかな源流の水がそのままみなとみらいへ流れ出ることも不可能ではないはずです。

そのためには、下流域がどのように状態なのか、そして源流域はどんな環境なのか、それを知ることが改善策の第一歩だと考えています。

私たちは、未来のニッポンを、そして未来の地球を担う子どもたちと一緒に、さらには大人たちも巻き込んで、水にまつわる環境を保全していきます。

みなさまのご支援をお待ちしています。よろしくお願いします!

新着情報一覧へ