ナマステ!アンジャナです。

9月23日~11月13日まで日本にいます。いろんな人に会ってネットワークを広げています。大学や会社に行って講演もしています。通訳が必要ですか?と聞かれますが、必要ありません。日本語でしゃべります。英語も時々使いますが、日本語の方がしゃべりやすいです。聞くことはしゃべることより得意ですから、なんの話をしているか、大体わかります。

日本語の勉強をしたのは、2012年ダスキンの研修でした。アジア太平洋の国から選抜された障害者リーダー7名が、日本で10ヶ月の研修を受けるプログラムで、私はネパールでその試験に合格しました。そこではいろんな人と話したり、教えてもらったりしました。その経験を発表した動画がありますので、見てください。

まだ日本語がうまくしゃべれない時です。その時の私が一番言いたかった「かごの中の鳥」は、5:25~6:40です。
日本は便利なかごだと言いました。今もそう思っています。障害者がかごの中にいて安全な生活をしています。かごの外は危険ですが、自由があります。日本の研修が終わり、かごの外へ出たいと今まで以上に強く思うようになりました。

ネパールに帰って、いろいろな挑戦をしました。公共施設でバリアフリーチェックをしたり、障害の子どもが学校に行けるようお願いしました。新聞に記事を書きました。女性がもっと強くなるために団体も作りました。山の上に住んでいる人にも会いに行きました。その活動のために日本から支援をもらいました。本当に感謝しています。

私たちも日本に何か貢献できることがありますか? そう思っていたときに、ヘアドネーション(髪の毛を寄付すること)を知りました。ネパールでは女性の長い髪は美しさの象徴でしたが、私たちにできることはそれだと思って、今回日本で髪を切ることにしました。切るとき、またここで報告しますね。

私たちのクラウドファンディングにご協力をお願いいたします。

アンジャナKC

新着情報一覧へ