READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
NEXT GOAL挑戦中

地域で守れ、コロナ重点医療の拠点! 頑張ろう協同病院

地域で守れ、コロナ重点医療の拠点! 頑張ろう協同病院
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は12月25日(金)午後11:00までです。

支援総額

19,927,000

NEXT GOAL 20,200,000円 (第一目標金額 15,000,000円)

132%
支援者
400人
残り
20日
400人 が支援しています
どしら
どしらさんが12分前に支援しました
小田利子
小田利子さんが21分前に支援しました
小田 貴久
小田 貴久さんが33分前に支援しました

応援コメント
どしら
どしら12分前協同病院にお世話になっております。頑張ってください!協同病院にお世話になっております。頑張ってください!
yugeshou4
yugeshou41時間前三十年くらい前ですが、小児喘息で何度もお世話になりました。少しですが応援させて下さい。三十年くらい前ですが、小児喘息で何度もお世話になりました。少しですが応援させて下さい。
tomo
tomo2時間前子供の頃からお世話になっています。 持病がある為現在も通わせていただいていますので、コロナ禍の状況も肌で感じました。 …子供の頃からお世話になっています。 持病がある為現在も通わせていただいていますので、コロナ禍の状況も肌で感じました。 医療従事者の皆さま…
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
17お気に入り登録
17人がお気に入りしています
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は12月25日(金)午後11:00までです。

17お気に入り登録
17人がお気に入りしています

プロジェクト本文

《達成のお礼とご報告》

 

11月2日からスタートしたこのプロジェクトですが多くの方々からご支援をいただき、11月23日に第一目標としていた1,500万円を達成することができました。


たくさんの応援コメントとともに多くのご支援をいただけたことは、医療従事者の励みになると思っています。
 
ご支援いただきました皆さまに、改めまして心より厚くお礼申し上げます。
 
いただいたご支援は、予定通り約1,100名の病院スタッフに1人1万円ずつ手当てとして支給されます。

 

また、「第三波に向けての協同病院のコロナ対策費用の支援」のために、新たに2,020万円をネクストゴールの目標金額として掲げ、クラウドファンディング期間終了日まで挑戦し続けます。
 

引き続き、皆さまと力を合わせて、地域医療を支えていきたいと考えております。ご協力・応援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2020.11.24 追記
相模原市緑区地域医療を支える会 一同

 

 

---

 

コロナ最前線で闘ってきた相模原協同病院

 

ページをご覧いただきありがとうございます。相模原市緑区地域医療を支える会です。私たちは、相模原協同病院が位置する相模原市緑区の商店街、ロータリークラブをはじめとした市民有志が中心となり、結成された任意団体です。身の危険も顧みずに最前線で闘ってくれている相模原協同病院を応援するために立ち上がりました。

 

 

日本で初めての新型コロナウイルス陽性患者を受け入れた、相模原協同病院。

 

このコロナ禍、病院は、院長を筆頭に常に最悪のシナリオを考えながら、未知のウイルスを前に、手探りながらも、闘ってくれました。約1,000人の職員が総出で、24時間体制で、相模原市緑区唯一の新型コロナウイルス対応拠点として、今日まで9カ月奮闘し続けてくれています。

 

 

2月上旬には、横浜港に停船したクルーズ船の陽性患者も受け入れました。一般市民の感染者も増え、昼夜問わず発熱外来にも多数の患者が押し寄せる中、「誰が診察・対応するのか」「動線はどう確保するか」、消毒体制や防護服の着脱、ごみやシーツの処分、清掃など全てのリスクを想定し、院内感染を防ぎつつ、対応に当たっています。

 

年初の感染症病棟のベッドは6床。増え続ける受け入れ要請に、「断れない。患者の行き場がなくなる」と、急遽緩和ケア病棟の12床も使用。

 

それでもまだベッドが足りず、最終的には24床をコロナ対応の病室として、「感染症指定医療機関として、命を守るために、闘い続けなければならない」という想いで、患者と向き合ってきました。

 

 

「神経をすり減らしてきた。この病院だったからこそ、乗り切れた」と、感染対策室室長は振り返ります。9月末までに入院、外来合わせて700人以上のコロナ対応を行っています。

 

 

多くの命を救ったのにも関わらず、

病院経営は困難な状況となってしまった

 

3月はじめに、協同病院で1人の研修医が感染。絶対に院内感染を拡大させてはいけないと、消毒体制や防護服の着脱、ごみやシーツの処分、清掃など全てのリスクを想定し、院内感染拡大を防ぎました。幸い、院内感染拡大には至らなかったものの、外来患者が減る事態になりました。

 

徐々に周りの住民からは「相模原協同病院にはコロナ患者がたくさん入院している。感染するから病院に行くな」との風評が出始め、職員のお子さんも保育所から受け入れに難色を示されたそうです。

 

 

それでも、病院は新たな感染拡大への備えとして、地域での感染の広がりを抑え込む対策を実施してきました。

 

しかし、コロナの影響で外来患者は激減。病院経営は、緊急事態宣言下の4、5月は前年同月比で収入が4割減まで落ち込む結果となります。

 

医療人としての使命感でコロナと戦い、多くの患者を救命してきたにもかかわらず、著しい医療収益の減収。そして、その影響は病院職員の方々の賞与にまで及んでしまいました。さらに、長期に渡り、これまで経験したことのない新型コロナウイルスへの感染対策を行うという、これまでとは違う環境を維持する苦労やストレスは、職員の皆様にとって大きなダメージになっています。

 

 

このプロジェクトでおこなうこと

 

今回は、クラウドファンディングにて1,500万円のご支援を募ります。

 

医療スタッフの皆さまは、新型コロナウイルスの影響で、賞与の一部カットを余儀なくされました。
 

今回のプロジェクトで集まった1,500万円の資金は、手数料等を除き、病院スタッフ約1,100名へ1人1万円ずつの手当てとして、充当させていただきます。

 

今回集まった資金は、相模原協同病院の口座へお振込いたします。今回のプロジェクトは、相模原協同病院に関わる外部のメンバーで立ち上げましたが、支援金を届けるという観点から、資金は相模原協同病院へ直接入金する形にいたしました。

 

温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

相模原協同病院 病院長からのご挨拶

 

当院は1月10日、日本で初めての新型コロナ患者を受け入れてから9ヶ月間、新型コロナと闘ってきました。

 

第一例目の来院時は、幸い、直前に「武漢由来の未知の肺炎が広がりつつある」とのニュースを受けて全職員に注意喚起を行った直後でした。このため、ご本人からの相談の電話ですぐに「問題の肺炎」の可能性を疑うことができ、来院時から「新感染症」として万全の対応を行うことができました。

 

無事にその方が退院した後も、新型コロナの日々の感染者数から流行動向を予測することにより2度にわたる国内での流行の波を全職員一致団結して乗り越えることができました。

 

2度の感染拡大が小康状態になりましたので、先日、院内職員のうち希望された565名に抗体検査を行いました。隠れたクラスターを危惧しましたが、おかげさまで院内感染を認めませんでした。改めて全職員の日頃の衛生管理の徹底に感謝するとともに、皆様に安心してご来院いただける病院であると胸を張って申し上げることができると思います。

 

しかしながら、約9ヶ月の長期に及ぶ新型コロナとの闘いで職員の肉体的精神的疲労感は限界に達しています。このような職員のモチベーションを支えてきたのは小学生の皆さん、患者さんや地元企業の皆さんからの激励のメッセージであり、医療物資の支援でした。全職員に代わりまして、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

 

この度、相模原橋本ロータリークラブの研修リーダーを務めておられる北辰企業代表取締役の原幹朗様からのご好意で、「相模原市緑区地域医療を支える会」の立ち上げのお話を頂きました。皆様からの重ね重ねのご好意に報いるためにも、医療を通じて相模原市民の皆様に報いたいと存じますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 

 

相模原協同病院 院長 井關 治和

 

緑区住民からのメッセージ

 

本プロジェクトのリーダーを預かっている江成藤吉郎と申します。この度、本地域、神奈川県相模原市緑区の新型コロナウイルスへの対応を担う相模原協同病院を支えるべくクラウドファンディングを立ち上げました。
必ず成功させなければいけない。
必ず協同病院の皆様を助けなければいけない。
この一心で、やってまいりますので、皆様どうか趣旨をご理解いただきご支援いただけますと幸いです。

 

相模原市緑区地域医療を支える会
共同代表 兼 プロジェクトリーダー
橋本七夕まつり実行委員会 実行委員長 江成 藤吉郎

 

相模原生まれの相模原育ちで、病院と言えば協同病院です。
2人の子どもも協同病院で出産いたしました。
地域に根差した協同病院がなくなってしまうと本当に困ると思います。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

米山さん(NPOスタッフ・緑区在住)

 

 

 

協同病院がなければ今も元気におられず、足を向けて寝られません。協同病院は津久井の誇りとして思っております。同時に母の命の恩人です。今回のクラウドファンディングに馳せ参ずることで、協同病院に恩返しができれば、と思っています。

 

 

梅澤さん(飲食店経営・緑区津久井地区在住)

 

*その他メンバーの声は活動紹介サイトをご覧ください。

 

 

資金使途

 

●目標金額:1,500万円
●今回のプロジェクトで集まった1,500万円の資金は、手数料等を除き、相模原協同病院の全スタッフ約1,100名へ1人1万円ずつの手当てとして、充当させていただきます。
※本プロジェクトは、目標金額に未達の場合でも、期日までに集まった支援総額に応じて、実行内容の規模を決定します。例えば、期日までに目標金額の50%が集まった場合には、手数料等を除き、集まった金額を均等に全スタッフへ分配させていただきます。

 

 

ご注意事項

 

●クラウドファンディングでのご支援は、資金を受け取る法人の関係上、寄附控除にはなりませんのでご注意ください。

 

●その他の支援方法に関しては活動紹介サイトをご覧ください。

 

●このプロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額の達成有無にかかわらず、支援をした時点で申し込みが確定し、その後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

●支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトの支援獲得のPRのために利用させていただく場合があります。

 

●銀行振込にてご支援いただく際、返金先口座情報をお伺いいたしますが、All-inのため原則返金はいたしません。ただし万一本サイトでご紹介、お約束していたプロジェクトを実施できなかった場合や、振込金額が予約金額より超過している、もしくは不足しており追加で振込まれない場合に返金先口座を利用いたします。お手数ですがご入力をお願いいたします。

 

●本プロジェクトのリターンのうち、【お名前記載】に関するリターンの条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

相模原市緑区地域医療を支える会

相模原市緑区地域医療を支える会

神奈川県相模原市緑区の商店街、自治会、団体などが組織する会。

リターン

3,000

alt

3,000円

・お礼のメールをお送りいたします

支援者
100人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

5,000

alt

5,000円

・お礼のメールをお送りいたします
・活動報告書をお送りいたします

支援者
74人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

10,000

alt

10,000円

・お礼のメールをお送りいたします
・活動報告書をお送りいたします

支援者
133人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

30,000

alt

30,000円

・お礼のメールをお送りいたします
・活動報告書をお送りいたします

支援者
30人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

50,000

alt

50,000円

・お礼のメールをお送りいたします
・活動報告書をお送りいたします
・支える会HPにお名前掲載(小)(ご希望者のみ)

支援者
27人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

100,000

alt

100,000円

・お礼のメールをお送りいたします
・活動報告書をお送りいたします
・支える会HPにお名前掲載(中)(ご希望者のみ)

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

300,000

alt

300,000円

・お礼のメールをお送りいたします
・活動報告書をお送りいたします
・支える会HPにお名前掲載(大)(ご希望者のみ)

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

500,000

alt

500,000円

・お礼のメールをお送りいたします
・活動報告書をお送りいたします
・支える会HPにお名前掲載(大)(ご希望者のみ)
・活動報告ポスターにお名前掲載(ご希望者のみ)
→掲示場所:院内等

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

1,000,000

alt

1,000,000円

・お礼のメールをお送りいたします
・活動報告書をお送りいたします
・支える会HPにお名前掲載(大)(ご希望者のみ)
・活動報告ポスターにお名前掲載(大)(ご希望者のみ)
→掲示場所:院内等

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

プロフィール

神奈川県相模原市緑区の商店街、自治会、団体などが組織する会。

あなたにおすすめのプロジェクト

オリーブの島の子どもたちが自分らしくいられる場所を作りたい!

岡 広美岡 広美

#子ども・教育

62%
現在
623,000円
支援者
48人
残り
77日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする