仁淀川町のことは、他人事でしょうか。

 

仁淀川町は高齢化率は県内2位です。

 

県内で2番目に絶望的といってもいいかもしれません。

 

そんな仁淀川町に希望が生まれたなら、他の地域で生めないわけがないです。

 

というか、絶対生めます。

 

ぶっちゃけ、高知県の高齢化率は2位も1位も大差はありません。

 

なので、ぶっちゃけ大豊町もなんとかなります。

 

大豊町がなんとかなるなら、ぶっちゃけ日本全国の条件不利地域がなんとかなります。

 

今のところ、この田村蕪を通じた仁淀川町の希望に気がついている人は、僕を含めて数人です。

 

でも、手ごたえがあります。いける自信があるのです。

 

だからこそ、この希望をより多くの人と共有し、頭の中だけでの希望を、現実の世の中に反映させたいのです。

 

そして、僕はこの手ごたえをより多くの人と分かち合いたいのです。

 

仁淀川町の希望は、仁淀川流域の希望につながります。

 

仁淀川流域の希望は、高知県の希望につながります。

 

そして、高知県の希望は日本の希望につながります。

 

日本の希望は、これから過疎高齢化問題に突入するアジアの希望につながります。

 

アジアの希望は、世界の希望につながります。

 

条件不利地域・中山間地域に関わる人間として、この勝負には負けられません。

 

https://readyfor.jp/projects/TAMURA_KABU

 

田村蕪式会社プロジェクト
https://www.facebook.com/tamurakabup

 

【初日からぶっちゃけます】
https://www.facebook.com/jonny0723/posts/10205344056622233?notif_t=like

 

新着情報一覧へ