プロジェクト終了報告

2016年10月01日

富良野駅前に、街なかCafé♪和音♪が開店しました!

【ご支援くださった皆様に、心からお礼を申し上げます。】
お陰様を持ちまして、2018年8月21日(日曜日)

北海道富良野市の駅前通りに、地域活性化を目指し、世代を超えて多くの皆様に集って頂く為の、街なかCafé♪和音♪が、開店いたしました。

このクラウドファンディングを通じて、ご支援、ご指示いただく事が出来なければ、私たちの願いも叶わぬままに、夢は夢のままで終わってしまっていたことと思います。

 

未来に希望を繋ぎ、頑張りとおす事が出来たのは、ひとえに皆様のおかげです。

 

私たちの思いを受け取り、開店までの道のりを見届け、最後まで応援の声をかけ続けてくださった皆様のご恩を忘れることは有りません。本当にありがとうございました!

【経緯と結果のご報告】

建てられてから50年を超える建物を、どうにか修復するにあたって問題は山のように積みあがっていました。

 

資本金が全くない状態で、どうやったら飲食店としての許可を頂ける建物として生まれ変わらせることが出来るのかを、一所懸命に考えました。

 

一番の問題は水回りでしたが、古い建物だったことがむしろ幸いになり、台所のスペースと大きなキッチンはすぐに準備することが出来ました。

 

むしろお手洗いの工事に大きなお金が必要でした。

お手洗いの外に新たに手を洗うためのシンクと上下水道を作る事が出来ました。


厨房部分をすべて拭き掃除が可能な清潔なスペースとして保つために、新たにドアを設けて、全ての壁を合板で仕上げ、床はウレタンマットで仕上げて、電気もシンクと天井の両方に明るいものを取りつけました。この時に、石油給湯器が使える状態だったことが幸いしました。凍結で割れていた水道管を直して、簡単な浄水器も付ける事が出来ました。

 

向かって右側は二階に上がるための入り口で、左側が厨房です。

 

次に大きな問題が床でした。当初はベビーカーのママでも利用できる。という事を考えていたのですが。既にコンクリートがあまりにも古く、しかもその上から修正した後が残っている事がむしろ災いして、すべてを剥がしてもう一度コンクリートを流すという大工事になりそうだという話になってしまいました。。。そこで、方向変改をしました。

 

コンクリートの上にスタイロフォームを敷いてコンパネを敷いた状態です。


靴を脱いでご利用頂く方式にして、すべてに床を貼りそこに人工芝を貼って、更に絨毯を敷く事で、子どもたちが転んでも、できるだけ怪我をしない様に工夫しました。

 

みんなの茶の間が出来上がりました!冷たいコンクリートはもうありません!!

こうして、多くの仲間たちの友情と情熱に支えられて、8月21日(日曜日)無事に、富良野駅前通りの一角に、街なかCafé♪和音♪を開業させることが出来ました!

看板を作るお金が無いので、窓ガラスにそのまま書きましたが、意外と好評です。
夜の店内です。

ちょっとおしゃれなバールみたいだと褒めて頂きました。ライブのイベントも予定しています。

 

まだまだスタートラインに立ったばかり、一日も早く地域の皆様にご理解とご協力を頂き、たくさんの皆様にご利用頂けるように頑張ります!

ここからスタート!頑張ります!


【収支報告】
皆さまからご支援いただいた658,000円について、ご報告をさせて頂きます。

 

♪和音♪の開業に際してご支援を頂きました皆様のお金のご入金が確認できるまでに、お9月の末日まで時間が必要でした。

 

その後、最終的に入金の確認が為されれば、10月10日(この日は休日なので、銀行の前営業日に当たる7日)までに、私の銀行口座に皆様のご支援金から入金がいただける運びになっております。

 

ご支援いただいた合計金額の内訳は、下記のとおりです。

【リターンの発送状況について】

 

9月の20日までに、全ての皆様へのリターンを送らせて頂きました。

お一人だけ、お受取りいただけなかったために戻ってきたリターンがございました。

こちらにつきましては、改めて送らせていただきましたが、再びお受け取りを頂けなかった場合は、送料もかかることですので、今後はご連絡をお待ちすることと致しました。
支援者の方々の中には、リターンを心待ちにされている方もいらっしゃいますので、

 

なお、なにがしかの事情でお受け取り頂けなかった皆様がいらっしゃいましたら、ご連絡をお待ちしています。どうぞご遠慮無くお声を掛けて下さい。よろしくお願いいたします。

【今後について】

私達は、今回の【街なかコミュニティcafé ♪和音♪】のみならず、いろいろな活動を通じて、子どもたちに健やかな未来を残したいと考えている非営利団体です。

当団体の活動内容等も含めまして、下記のオフィシャルホームページからご確認を頂けますので、どうぞ、今後共よろしくお願いいたします。

 

皆様のご理解とご支援に、一同心からお礼を申し上げます。

本当に有難うございました。

 

多謝

 

子ども達のためになにが出来るかを考える集い

代表 遠藤ちひろ