皆様の、温かいご協力やお気持ちのお陰です。

こうして、確実にワークショップや資料を通じ、Action Inquiryを共有することが出来ることになり、とても嬉しいです。

 

Readyforの引換券を通じたご支援だけでなく、

たっくさんのご意見やアドバイスを経て、このプロジェクトは育てられてきました。

 

「愛と意志のリーダーシップって、もうちょっときかせて!」

「どんな人の何に役立つのか、明記するといいよね!」

「動画とかがあると、もっと伝わるかも!」

「これ、関西でもやったらいいんじゃない?」

「具体的なストーリーがあると、もうちょっとしっくりくるよね!」

「文章が長いから、もう少し短くして回を重ねた方がいいかも!」

「関西で開催をするなら、手伝うよ!場所はこんなとこどう?」

「いいじゃん、これ!これで救われるひと、いっぱいいると思うな!」

「仲の良い友達に、全力で勧めといたよ!」

「そもそも何でこれを始めたのか、いったん俺に話してみな!」

 

ひとつひとつ、どれも、宝物のようなフィードバックでした。ひとりで考えうる事、表現できる事の力不足を感じていた際に、たくさんの方が『一緒に』力になって下さった事により、プロジェクトが育って行きました。

 

完全に応えられたかというと、まだまだ力不足、まだまだご指導を頂きたいですが、少しでも、この30日間を通して皆様の目にも少し見えるようなプロジェクトの成長がありましたら幸いです。

 

Action Inquiryは、たくさんのリーダーシップセオリーに触れてきた中で、私が最も惚れ込んだものです。ひとの感情(愛情)や思考を成熟させ、じぶんとそのまわりのひとの明日1日をもっと良くするための努力を導いてくれる、素晴らしいメソッドです。

 

Readyforでのプロジェクト残り8日間、東京に同じく、関西ワークショップが30名いっぱいの輪になるよう、走り抜いて参りたいと思います。どうぞ、引き続きのお付き合いを、よろしくお願い致します。

 

心一杯の感謝の気持ちが、届きます様に。

 

世羅 侑未

新着情報一覧へ