「村を守る不思議な神様」のイラストを担当しているわたくしこと宮原は、イラストを生業としています。イラストレーターになるべく修行していたところ、2種類のタッチが生まれ、それらがそのまま独立し今は共存しています。そしてそのことが「村を守る不思議な神様」のイラスト制作に大いに役立ってくれています。

 

下記は私のイラストタッチのサンプルです。
◆カラフルなタッチ

2018年テルミナ様クリスマスビジュアル
 

◆線画タッチ

2017年Abahouse様のコラボバッグ(撮影:オジモンカメラ 高橋希)

 

カラフルなタッチはカラフルな道祖神を、線画はマップや挿絵などに活用しています。

 

昔から民俗学に興味があり、旅先では必ずその土地の博物館や資料館を訪れていて、なんらかの形で表現に取り入れていきたいと思っていました。
秋田にやってきて、「これだ!」と感じたのが、人形道祖神だったのです。

 

仕事で描くのと、人形道祖神を描くのと、根本は一緒です。互いに切磋琢磨し、新たな表現方法をみつけたら、それを分け合っていく感じです。「ワラ1色でできたカシマサマの色はどうやって決めるの?」と質問をいただくことがありますが、私もうまく答えることができません。いち部分の配色が確定されたら、そこから一気に決めていくイメージでしょうか。

 

カラフルな道祖神のイラストを描き始めたのは「ポップなテイストとインパクトで人形道祖神について興味を持っていただきたい」という理由からです。

また、ページをめくるごとに「次はこれがきたか~」とわくわくしていただきたく、各道祖神がますます個性的になっていきました。

 

今現在続編用に描き進めている絵を一部ご紹介します

果たしてどこの道祖神か、今の時点では全くわからないと思います、汗。白い顔を真っ黒にしてしまいました。


人形道祖神イラスト新作もさらに個性的になる予定です。

どうぞお楽しみに!

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
新着情報一覧へ