こんにちは!

 

AFRIKA meets KANSAI 実行委員会 事務局 早川 真です。

終了まであと3日!

 

今日は「AFRIKA meets KANSAI 2017」のプログラム、フォーラムのことについてお伝えします。

 

今年のフォーラムは「ダイアスポラと平和」というテーマで行います。

 

「ダイアスポラ」とは、もともとの語源は「まきちらされたもの」という意味のギリシャ語に由来する言葉で、端的に言えば「原住地を離れた移住者」という意味ですが、AFRIKA meets KANSAIでは、「自らの国を離れて生活する人々は異文化での生活において、平和の架け橋となる」と考えます。

 

文化交流を目的とする「AFRIKA meets KANSAI FESTIVAL」では、自身も「ダイアスポラ」である実行委員長センダもフォーラムに参加し、「ダイアスポラ」の重要性を”他国で暮らす日本人”と”日本で暮らす外国人”の目線でフォーラムを行います。

 

【出演者】

ウスビサコ(京都精華大学次期学長)
エドワードスモト(ボランティア団体ミックスルーツジャパン代表)
バイエマクニール(ジャパンタイムスコラムニスト)
センダルクムエナ(建築家グループオルタナティブ代表 NGO セスコ理事)
【コーディネーター】
深尾幸市(大手前大学客員教授 NGO セスコ副理事長)

 

※アフリカ現地に住む人たちはアフリカを「AFRIKA」と書きます。「AFRICA」は植民地時代に言葉の変化を求めらた際に、広められた綴りであり、私たちを現地の言葉を尊重し、「AFRIKA meets KANSAI」は、「AFRIKA」という綴りで表記しています。

 

 

新着情報一覧へ