READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

2019年2月3日生まれ♂のコーギーの手術・治療費

WithVets

WithVets

2019年2月3日生まれ♂のコーギーの手術・治療費

支援総額

663,700

目標金額 600,000円

支援者
231人
募集終了日
2020年1月8日
231人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
25お気に入り登録
25人がお気に入りしています

終了報告を読む


25お気に入り登録
25人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

▼自己紹介

 

私たちは、色々な理由で行き場を失った犬猫を保護し、動物病院と連携しつつ十分なケアを実施しながら、終生飼養していただける里親様を探して譲渡する保護団体です。

今までに延べ260頭余りの保護犬猫を保護してきました。

里親様も全国におります。

カフェとしての触れ合いの場も設けておりますので、里親にはなれない方でも保護犬たちと遊ぶことができます。

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 

 

今まで260頭ほど保護してきた中で、大きな病気を持っていて緊急で手術が必要な子はほとんどいませんでした。

今回保護したコーギーはまだ子犬でこれからまだまだ長い犬生を生きられる生後なのに、病気が原因で手術をしないと生きることができないと獣医の先生から聞き、私たちで何かできないか?と思いこのプロジェクトを立ち上げることを決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

先天性門脈シャントという病気を持っているコーギー(2019年2月3日生まれ)の男の子です。

血管の奇形により肝臓に流入する血液が少なく、肝機能不全を起こしています。

一見元気そうに見えますが、このまま手術をしないと肝不全で痙攣を起こしたり、最悪死んでしまう可能性が高いです。

手術を受けて肝臓に入る血液の流れを改善できれば、普通のワンちゃんとして生活できるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

手術に成功して病気が完治しましたら、新しい里親様を見つけて幸せな犬生を過ごしてもらいたいと思います。

 

 

・プロジェクトの終了要項

治療・手術対象

コーギー 1匹

 

治療・手術内容

先天性門脈シャントの手術・治療

 

治療・手術完了予定日

2020年1月31日

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

WithVets

WithVets

私たちは色々な理由で行き場を失った犬を保護し、動物病院と提携しつつ十分なケアを実施しながら、終生飼養していただける里親様を探し譲渡している保護団体です。 保護している大半がブリーダーで繁殖犬として生活してきたワンちゃん、ネコちゃんです。第二の犬生を幸せに過ごせるよう必要最低限のケアをしています。 カフェも併設していますので、引き取ることができない方も気軽に遊びにきていただくことができます。 売り上げの一部は寄付となります。

リターン

300

保護団体のオリジナルステッカー

保護団体のオリジナルステッカー

屋外用ですので車などにも貼れます。

支援者
55人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

800

オリジナル3色ボールペン

オリジナル3色ボールペン

うちの団体のロゴが入ったボールペンです。
赤、黒、青の3色です。

支援者
148人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

3,000

オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツ

左胸に団体のロゴ、右袖に団体名が入ったオリジナルTシャツです。サイズは男女共通Mです。

支援者
75人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

プロフィール

私たちは色々な理由で行き場を失った犬を保護し、動物病院と提携しつつ十分なケアを実施しながら、終生飼養していただける里親様を探し譲渡している保護団体です。 保護している大半がブリーダーで繁殖犬として生活してきたワンちゃん、ネコちゃんです。第二の犬生を幸せに過ごせるよう必要最低限のケアをしています。 カフェも併設していますので、引き取ることができない方も気軽に遊びにきていただくことができます。 売り上げの一部は寄付となります。

あなたにおすすめのプロジェクト

山梨大学の挑戦!山梨特有の廃棄物のリサイクルプロジェクト

熊田 伸弘熊田 伸弘

#環境保護

69%
現在
690,000円
寄附者
42人
残り
10日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする