READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクト

吉田晃子

吉田晃子

陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクト

支援総額

8,245,000

目標金額 2,000,000円

支援者
862人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
76お気に入り登録76人がお気に入りしています

76お気に入り登録76人がお気に入りしています
2012年04月25日 20:05

移動図書館も大切にしたい

この図書室を拠点として、陸前高田市4カ所、大船渡市5カ所の仮設住宅を巡回し、移動図書館の活動を行っています。

 

2011年7月17日、第一回目の移動図書館の巡回は、この陸前高田市から始まりました。

 

当時は、この図書室がなかったので、片道1時間かかる遠野市から通いました。

 

図書室ができることで、本も陸前高田市におけるし、移動距離もかからないので、もっとたくさんの場所を回ることが可能となります!

 

皆さまの、ご支援に感謝です。

 

 

 

移動図書館車の中は、こんな感じです。

 

こちら図書館員が座って本の貸し出しを受けるスペース。

 

 

おお、小さな図書館員3人がお出迎え!?

 

 

 

中に本棚があるので雪の日も大丈夫。

 

屋根の上のでっぱりはスピーカーです。カラオケもできる!?

 

そしてあたたかい色のデザインなので、雪の日でもお日さまのよう(になりたい)

 

 

 

 

移動図書館車「はまゆり号」が、陸前高田市にありました。

 

しかし今回の震災で津波に飲まれてしまいました。

 

運転をされていた方も、お亡くなりになったと、同じ町に住んでいた方がおっしゃっていました。

 

 

 

昨年7月17日に、巡回をする前に、

 

陸前高田市立図書館の前にあった図書館車に行き、みんなで黙とうを捧げました。

 

 

 

 

今、巡回している仮設住宅の中に、この運転手の方が住んでいた町の人たちが住んでいる場所があります。

 

「同じこと(移動図書館)をやるという人が現れた」

 

と、仮設住宅の区長さん、住民の方が快く移動図書館の受け入れをお受け下さった瞬間が忘れられません。

 

 

 

皆さまが選んでくれた本は、私たちの移動図書館車にも乗せられます。

 

図書室を出発し、他の仮設住宅へ、そして大船渡へ。

 

たくさんの人たちの手に渡ります。

 

 

 

巡回先も増やしていく可能性があります。まだたくさんの本を、今後もそろえていきたいいです。

 

この挑戦もあと5日となりました。ご協力をいただければ幸いです。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

*お礼状と報告書をお送りいたします。
*オリジナルロゴステッカーを一枚プレゼントいたします。

支援者
295人
在庫数
制限なし

10,000

上記に2点加えて、
*ご希望の本を一冊お名前入りで、蔵書として図書室に収めさせていただきます。
ご希望の本を応援コメントにお書き下さい。

支援者
496人
在庫数
制限なし

20,000

上記3点に加えて、
*岩手の伝統工芸品である南部裂織の栞を送らせていただきます。

支援者
85人
在庫数
制限なし

100,000

上記4点に加えて、
*図書室に展示される支援者様からのメッセージノートに、お名前とメッセージ、写真を掲載させていただきます。(お写真はご希望の方のみです)

支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする