プロジェクト概要

来年4月に、愛知県日進市に活動拠点とした、子ども自身が感じて学べる場『アート・コミュニケーション・ラボ』を開設したい!

 

はじめまして!NPO法人arte colore(アルテコローレ)代表の石黒です。私は社会人になってからも、休日を利用しながら京都造形芸術大学に通い、アートを社会に活かしていくための「芸術環境計画」についてを学んできました。芸術大学を卒業し、学芸員資格を取得後、アートが持つ様々な学びの要素を子ども達の教育の場に活かすことができないだろうかと考え、メンバーの桐嶋(合同会社arte colore代表)と共に2011年にアルテコローレを立ち上げました。

 

私達は、子どもたちの学びの第一歩は、彼らの日常生活と言える“ 遊び ”の中で、人やモノコト、環境との関わりを“ 体験 ”することであると考えています。独自に築いてきた『アート×あそび体験プログラム』を、毎月各園をまわり、実施しています(愛知県内の認可保育園8カ所、小規模保育事業所7カ所)。立ち上げから現在まで、拠点を持たずにこうして保育園や公共施設、カフェなどで活動を続けてきました。

 

この度、アート・コミュニケーション・ラボのオープンに向けて、店舗改装工事費のご支援をいただける方を募っています!ここは子どもだけでなく、大人のみなさんの関わりも欠かせない場となります。皆様ご協力頂けませんか?

 

(ラボ完成イメージ/子どもと大人の空間)

 

 

私たちのミッション『遊びの価値を再発見し、人育てに遊びゴコロ』を
みなさんにとって身近なものとしたい!

 

私と桐嶋は、この日本に「 人を育てる=社会を育てる 」という風土がなかなか根付かない現状に、大きな危機感をずっと抱いています。人を思う気持ちが薄くなる根本には、私たちがどんな環境で育ってきたかや、大人が子どもにどんな環境を与えたかなどが大きく影響していると考えています。

 

活動初期のある日、絵の具の感触を肌で楽しもうという活動を実施したところ、子どもたちのお母さんやお父さんに「家では汚されるのが心配で、絵の具など使えない、つい怒ってしまう」と言った意見が多く、好評で、それ以降、素材や道具にコストがかかっても、私たちなりのこだわりを持って定期的に「体験型」の活動を実施するようになりました。


そうするうちに、毎回参加してくれるようになった子どもとその家族の表情や、肌の触れ合い、会話によるコミュニケーションの様子に“ 変化 ”が現れ、私たちは自分たちの活動が、ただ遊びやアートの楽しさを伝えるだけのものではないと研究心を深めていき、現在の独自のアート×あそび体験プログラムへと発展していったのです。

 

(絵の具まみれで楽しそうに笑う子どもたち)

 

 

思い出してみてください。
たくさんの知らないことを経験し、私たちは大人になりました。

 

子どもは何に対しても好奇心旺盛で、すぐに触れてみようとしたり、口に入れてみたり、気になるものへと走って行ったり・・そんな行動には理由があって、みんな体験を求めている、つまり、五感からの刺激をたっぷりと受け取りながら子ども自身が感じて学び、成長して行こうとしているのです。
 
知らないから知ろうとして、体験の中から学び、知識や経験を培って行く。そんな好奇心旺盛でたくさんの体験を通して学べる時期というのが、生まれて間もなくから就学前。この時期は、未来の大人を育てるのにいちばん適していると言えます。『子どもの遊びと学びのつながり』

 

 

 

 

保育園で子どもたちと触れ合って行く中で、
「遊びは子どもにとって、最も身近な生活体験だ」ということを改めて実感しました。

 

保育園での活動の時、園生活の様子を見ていると、例えばお片づけなど子どもたちの意識をまとめる時や、言葉を学ぶ時など、ところどころに遊びが介入しています。これこそ、遊んで学ぼう!で、子どもたちは楽しい遊びの活動を通じて、多くのモノコトとの関わりを学んで行くのです。
 
そんな“ 遊び ”を、学びのための体験活動として独自に構築してきた私たちは(これからもどんどん新たに構築して行きます!)、遊びの大切さを伝え、身近に体験できる機会と場を、保育園の子どもたちと限らず、もっと多くの子どもたちにもつくりたいと思ったのです。

 

(きらきらした子どもたちの表情)

 

 

『アート・コミュニケーション・ラボ』は、子どもたちの学びを育むだけでなく、大人である私たちが「遊びの価値を再発見」できる場所です。

 

アルテコローレの体験は、決してここでしかできないような特別なものではなく、子どもの家庭や日常生活と繋がってこそ、子どもの成長に影響を与える価値が生まれると考えています。そんな体験への参加のきっかけをつくり、学びの環境を整えていくのは大人です。2016年4月に開設予定の『アート・コミュニケーション・ラボ』では、子どもたちの学びを育むだけでなく、大人である私たちが「遊びの価値を再発見」し、子育てを楽しみ、人育ての手段として活用できるようなコンテンツを築きあげて行きます。

 

 

★ 予定している事業内容 ★

① 未就学児を対象としたラボの運営

(合同会社アルテコローレが運営)

 

主に0歳~の未就学児を対象に、独自の “ アート×あそび体験プログラム ” を日常的な体験としながら、子どもたちの学びを育むラボ(スクール)を運営していきます。さまざまな遊びの体験活動を通じて、からだや脳の発達に働きかけ、感覚だけでなく感性を養って行きます。また、人やモノコト、環境との関わりを学び、自発的に考え選択し、人生を豊かにしていける人を育てたいと考えています。

 

 

 

②大人を対象とした教育普及、子育て支援事業

 (NPO法人アルテコローレが運営)

 

アルテコローレの体験は、決してここでしかできないような特別なものではなく、子どもの家庭や日常生活でも応用できるものです。子どもの家族や周りの人、そこに寄り添う支援者(育児・教育・健康等)といった大人のみなさんにも、イベントや体験型のワークショップ等を通じて楽しみながら子育てをすることを知っていただきたいです。身近な誰もが、子育てから人育てまでを当たり前にできる社会へと、遊びゴコロを持って変えて行きます。

 

 

 

★ 現在のラボ設立プロジェクトの進行状況 ★

 

愛知県日進市米野木駅前地区での拠点が決まり、デザイン会社様にブランディングとして店舗デザイン~設 計・工事、ホームページ制作を一括してお願いしています。 ラボの詳細等、まだ決まっていないこともありますが、随時フェイスブックやウェブサイトで情報を公開していきますので、ご覧いただけますと嬉しいです。
 
アルテコローレ ウェブサイト http://www.arcolo2011.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/artecolocolo/
 

(ラボ完成イメージ/子どもの空間)

 

 

(ラボ完成イメージ/ワクワクが伝わる外観)

 

(ラボ完成イメージ/誰もが気軽に立ち寄れる交流の空間)

 

 

まだまだ発展途上の私たちアルテコローレには、20〜30代のボランティアスタッフのみなさんも、長期に渡って関わっています。そんな若い人材を育てることにもつなげたいと考えており、アルテコローレの新たな事業に共感してくださるみなさんの支援を、必要としています。

 

アルテコローレの挑戦をぜひ応援してください、そして共に成長させていただきたいと願っています!よろしくお願いいたします!


 

 

★ リターン ★

 

・サンクスレターをお届けします。

 

・ ホームページにお名前を掲載

 

・ アルテコローレの、親子で楽しむおりがみあそびセット

(折り方解説付)

 

・絵本セレクト&プレゼント

→絵本を使う体験活動も行っているアルテコローレが、あなたにオススメの絵本を1冊セレクト&プレゼントいたします。

 

・ 会報を1年間お届け

 

・ アルテコローレがセレクトした、ハンドメイドバッグ付お道具セット

内容:作家ハンドメイドバッグ、ステッドラーのみつろうクレヨン、はさみ、テープ&ディスペンサー、オリジナルスケッチブック
※バッグは作家ハンドメイド品の為、製作が遅れる場合があります。
※色柄はお選び頂けません。 また、画像の布の在庫がなくなりましたら、別のオシャレな布で製作します。

 

・1日施設長として、ラボで子どもたちや
親子の皆さんと貴重な経験&楽しい思い出づくりを!

記念写真、手みやげ、1日施設長体験証明発行があります。

 

・ イベントに5回まで無料参加できるパスを発行

 

・ ラボ オープニングパーティーへのご招待
(来年度春開催予定:交通費はご負担お願いいたします。)
 

 


最新の新着情報