昨日、倉敷にて開催された第14回日本ロービジョン学会での視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室、無事に終了しました!!

 

色々収穫はありましたが、ニュースで知っている方もいるかもしれませんが、今、IPS細胞で加齢黄斑変性という目の病気を治すという初の臨床治療が開始されているんですが、そこで働いている心理カウンセラーの方も参加していただきました。
IPS細胞が万能細胞と言われているので、患者さんの期待は非常に大きいと思うが、そこであなたの状況は厳しいと宣告された方などのカウンセリングというのは本当に大変なことだろうなと。。。
 

関西などでもやってほしいと誉めて頂いたり、色んなことを参加者の方から教えて頂きました。毎回どっちが教わっているのか分からないなぁと思う写真教室でした。

 

写真は写真教室の参加者の方が撮った写真です。

 

 

新着情報一覧へ