日本スポーツ産業学会で研究発表しました

 

7月24日、日本スポーツ産業学会第26回学会大会にて、

【B-SUB4 PROJECT】について発表をしてきました。

 

今回の演題は「スポーツを志す脳梗塞後遺症者に対してのサポートプログラムの検討」で、理学療法士の福田が中心となって今までのプロジェクトの成果について発表を行いました。

発表後は質問も飛び交い、千葉も、緊張しながらも笑顔で答えていました。

 

こういった発表の場を設け、プロジェクトの進捗を広めていくことに努めたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼講演時に使用したランニングフォーム比較

【2017年3月2日】
  • 重心位置が右側へと流れる、上肢の振りの非対称性
  • 麻痺側下肢のぶん回し歩行 

【2017年6月29日】
  • 重心位置が正中、上方へと改善
  • 麻痺側下肢の瞬発的な動作の獲得
  • ランニングフォームの改善
  • 麻痺側下肢の瞬発的な動作の獲得

 

▼プレゼン資料抜粋

 

 

 

新着情報一覧へ