寒くなってきましたね・・・

 

ここ数日、ホームレス女性の飛び込みケースが複数。
お腹が大きいのに住むところもなく、ろくに食べることも出来ず、病院へもかかっていない女性たち。

 

「お腹が痛い!!」と。

 

「助けて!!」と。

 

こんなメールや電話は、何度受けても心臓がギュッとつかまれる気がします。
母子ともに安全でいてほしい・・・スタッフみんなで祈りながら対応していきます。

 

数日前に連絡がきた妊婦さんも、やはりホームレス。
ベアホープでは珍しくないケースです。

 

私達のケースワーカーが念の為にシェルターを準備し、行政に繋ぎ・・・
で、産まれました(^-^)v  無事に。病院で。

 

良かった~! 

 

 

皆さんからのご支援は、こんな時の移動費や食費、いろんな事情で行政の保護が受けられない時の医療や生活費、それからスタッフが動くための人件費になります。

 

今は3-4人のスタッフが常にフル稼働している状態。
活動資金がなければ、緊急の電話がかかってきても動くことが出来ません。

 

来年、私たちは活動する事が出来るでしょうか?
資金があれば、私たちは必ず動きます。

 

ベアホープ一同、やる気は満々!!

 

 

ちょっとおしゃれな場所を見つけたので、私のチームで一枚パチリ。

 

今週、新しいお家に行った赤ちゃんもいます。

 

新しいパパとママとに愛されて、その様子を産んでくれたお母さんのところにちゃんと届けています。

ベアホープには愛されて育っている赤ちゃんたちの様子が書いてある書類が山積みです。

 

 

自分の心地よい居場所が出来た赤ちゃんたちは、私たちが家庭訪問に行くとギャン泣きしたりして。
人見知りできるって素敵な事。
パパとママの抱っこが最高に心地よいから、他の場所は嫌だと言えるんだもんね。


 

お子さんを迎えたご夫婦は、いつも産んでくれたお母さんのことを想っています。
「幸せでいるだろうか」
「後悔せずにすごせているだろうか」
「いつか、子どもに会いたいと言ってくれるだろうか」

 

今までになかった程多くの人の愛情を受けて、出産した女性たちが自立するしていく様子を見る事ができるのは、私たちにとって大きな喜びです。

 

ですから、この活動を継続していく為に、
皆さんにいただいた支援を最大限活動できるように、きちんと考えて利用していきたいなぁと思います。

 

 

【ベアホープ フェイスブックページ】

https://www.facebook.com/barehope/

【実行者代表:ロング朋子 フェイスブックページ】

https://www.facebook.com/tomoko.long.7

新着情報一覧へ