【残り6日】眼鏡 RIDOL の (株)小田幸 様 ご支援ありがとうございます!

 

 

トップページ写真モデルW様

このプロジェクトに高額なご支援を下さり、

撮影モデルを申し出て下さった上に、

東京から関西までの宿泊交通費も自費で工面下さっております。

’絶対、達成してください!’力強く応援下さるW様に、

強度近視女性のリアルなお声をインタビューさせて頂きました!

 

 

CL(コンタクトレンズ)で支障が出始めた頃は

どんな生活をされていましたか?

朝から夜まで終電ギリギリまで仕事で。

帰ったら疲れて、そのまま寝てしまう生活でした。

●CL(コンタクト)のまま?

入れたまま寝てしまい、痛くて夜中に目が覚めて、

慌てて外す、そんな毎日でした。

もう夕方位から辛い。でも、メガネをするぐらいなら

CLするほうがいいという考えでした。

メガネの選択肢は無かった。

女じゃなくなるという「恐怖」がありました。

家用の機能だけのメガネしか持っていなかった。

お医者様から言われなかったら、そのままCLを使いつづけていた?

そうですね。

メガネ屋さんに相談することも無かったです。

お医者様に、「このまま使い続けていたら目が見えなくなりますよ」

と言われて

危機的な状態まできてると知って、怖かったです。

そこで「強度近視、女子」で検索。ブログを見つけたんです。

唯一、行きたいと思ったブログがあった

「メガネを掛ける事は女性をあきらめること」

「何とか力になりたい」

 

との言葉が、響きました。

ほとんどのお店(眼鏡屋さん)はスペックから入るんですね。

どこで作られていて、フレームがネジが素材が軽い薄い

それは、その人が悪いんじゃないんです。

男性はスペックから入ると結婚してわかった。(笑)

例えば、
車を買うにしてもスペックしか聞かない

私は、その車に乗ったらどんな気持ちなるか?

買い物に行ったら楽しい♪とか、車を背景に写真を撮ったら素敵♪とか

どんな生活になるかを知りたい!

 

機能(スペック)はその次でいんです。

どれだけ機能が優れていても

形が気に入らなかったら欲しいと思えない。

どう人から見えるか それが一番大事。


メガネ(CL含む)に300~400万使ってきた。

メガネを買うことは、凄いかけだった。 毎回、賭けに負けた気分だった。

メガネって、作ってみないとわからない

作らないと 確認できない
 

その不安な気持ちを、
なかなかくんでくれないことが悲しかった。


くんでくれないどころか...

技術的にも不安、 度数はあってるのに
見え心地、掛け心地 どれも違和感があることも多かった。

 

靴なら試せる。 メガネは試せない。。。

メガネは確認のしようがなかったので、

毎回の買い物は、賭けでした。

 

 

メガネは休日 家だけ

外でメガネをかけたいとは、思わなかったですね。

 

外に、メガネで行くと知ってる人には キョトンとされる

誰かわからない、 認識してもらえない。

同じ人と思ってもらえない。スペック重視のメガネ、

失敗したメガネだと、周りの人から

別人扱いされる。

 

 

今のメガネに出会って

変わった!

メガネを掛けて鏡の中を見れるようになりました。

以前は、鏡を見れなかったし、見るのが イヤだった。

初対面で、

「メガネがお似合いですね」と、よく言われるようになった。

自分が受け入れられた

人間性を認めてもらえたと感じて、嬉しかったですね。
以前は、それぐらい辛かった



要するに欲張り(笑)

美的にも周りからもキレイと見られたいし、

掛け心地も、見え心地も大事。

今まではどれかを諦めなきゃいけないと思ってきたし、

3つを満たすものがなかった。

眼鏡屋さんは、関東はじめ全国で 20店舗くらい買いに回った。

けど、美的にも満足できる、自分らしいメガネには、出会えなかった。

 

CLをしている同じ女性に何かお伝えしたいことは?

受け入れる事の大切さ 。

今までの自分から、ひとつ上の階段をのぼる気持ちで。


教えて頂いた強度近視のメイクも最初は濃いと思ったんです。

でも、

パーティーでメイクさんにメイクをお任せしたら濃いメイクだったし、

私が見慣れていないだけだと、理解するのに、少し時間がかかった。

今までの自分に慣れ過ぎていてそっちに戻りたいと思っていたのかも。

でも、 裸眼では無い自分。 メガネを選択するなら・・・

今までと風景も違う事は、受け入れる必要があると思う。

誰でも 環境がかわったり

人生のステージ上がる時 違和感がいっぱいあると思うから。

 

CLの自分、裸眼の自分とメガネの自分、

違う自分も受け入れるのが大切。

プロが言うんだったら 100%正しいと思って 受け入れる!

すると自分がステージアップすると感じています。

技術、 眼鏡デザイン、メイク、

自分の思いこみと全然違う世界。

 

自分で決めつけず

また、周りの反応も見て欲しい

 

最近は、

メイク薄いと’今日調子悪いの?’と言われる(笑)

 

眼鏡をかける新しい自分のせっかくいい教科書をもらったんだから
忠実にやってみるのが大切。

 

そして

素直に受け止めることは大事。

 

プロの人は自分とは違う世界が見えているからプロなんだんだと思います。


自分の感性だけで判断しない方がいいんだなとわかりました。

~W様 インタビュー協力 ありがとうございました。

 

残り6日! 続々のご支援、応援に感謝ばかりです!

やむを得ず、眼鏡をかける女性の心理的ハードルを下げる手助けを、

発刊する情報誌でさせて頂きたい!

どうか、皆様の応援、ご支援で100%達成をよろしくお願い申し上げます。