フィリピンのパブリックハイスクールの現状を紹介したいと思います。

今回ターゲットとなっている、Hermenegildaハイスクール、フロランテ校長へいくつか質問させて頂きました。

 

 

 

https://www.facebook.com/photo.php?v=521835737946705&set=vb.333218156808465&type=2&theater&notif_t=video_processed

 

Hermenegilda校の基本情報と、IT科目がいつから停止されているのか、

最近実施されるフィリピンのK12と呼ばれる教育制度改革の学校への

影響など尋ねてみました。

 

フィリピンではIT科目は、日本でいう「技術・家庭」に相当するようですが、

生徒の自主選択でいくつかの科目のなかから選んで授業が行われています。

しかし、HermenegildaではIT科目が選択できない状況です。

やむなく、機械工作や農業・家庭科などをかわりに選択させている状況です。

 

先日、行われていました屋外授業が、こちらフィリピンビサヤ地方では

雨季にはいり、困難になったため、ITルームを一時片付けて、強雨の際の

退避室にされていました。そのかたわらでは施工中の新校舎もありました。

 

一時的に集約されているPCたち

 

ちょっと、と、思うような状況ですが、やむおえない状況であるのもしかたの

ないところです。校長の判断ですので新校舎がまもなく完成まで、一時退避です。

 

新着情報一覧へ