残り4週間となりました。

この度、より一層のご参加が得られますようリターン内容を工夫いたしました。

これまでにご賛同いただいております皆様にも、リニューアルしたリターン内容に自動的にシフト致しますのでご安心下さいませ。

より充実したリターンをさせていただくことにより、小松の町の魅力として、ボンネット型電車の存在を深く広く、ご理解いただけるのではないでしょうか。

 

もちろん、プロジェクト達成が前提のことですので、これからもどうぞお願い申し上げます。

写真は昭和44年当時の金沢駅で撮影されました、クハ481型のしらさぎです。

昭和39年の姿とは異なり、眉毛が付いたりスカートにクリームラインが入ったりして進化しています。

そんな進化の過程を、平成29年以降に徐々に再現しながら、30年3月までにきれいな姿のクハ489-501に戻し、小松市のシンボルに相応しい復元を果たしてまいります。

しっかりとしたコンセプトの説明を、プロジェクト終了後も行いますので、ご期待下さい!