「図書室には週3、4回は来てます」と元気よく答えるチャイナルちゃん。

 

 

でも最近、つらいことがありました。1カ月前からお父さんがタイに出稼ぎに行ってしまったのです。

 

 

 

 

「お母さんは一人で畑仕事をしています。朝早く家を出て、帰ってくるのは夕方。私は学校から帰ったら弟の面倒を見ているの」

 

 

チャイナルちゃんは学校の図書室に来ては、一生懸命絵本の物語を覚えています。

 

 

お母さんがいなくて泣きじゃくる弟にお話をしてあげています。

 

 

楽しみなのはお父さんからたまにかかってくる電話。「電話ごしに覚えたお話をしてあげるの。

 

 

お父さんは嬉しそう」国境の町にあるこの小学校は4割の父母がタイに出稼ぎにでています。

 

 

バラバラになってしまった家族の、心のきずなを「本」がつないでいます。

 

 

新着情報一覧へ