こんにちは!鈴木由香里です。

 

プロジェクト公開より、1日が経過しました。皆様からのご支援、応援メッセージ、心より感謝しております。

その全てが今の私の原動力になっております。

ありがとうございます。

 

今日は私がカンボジアの人々に教わったことについて少し書かせて頂きます。

 

私は東南アジアが大好きなのですが、旅行をするたびに驚かされることがあるんです。

 

それは、

「なんて人々が優しいんだろう。」

ということです。

 

もちろん、色んな人がいます。日本でも世界でもそれは共通です。

共通なのですが、

 

「相手のことを想って見返りのない愛を与える」

 

ということが自然にできていることに驚いたんです。

物がない人ほど物を与えてくれます。

 

豊かな国から来ている観光客の私に、村の大工さんがコーヒーを作ってくれたり、

屋台のおばちゃんが食べている焼きそばをあーんしてくれたりします(笑)

屋台のおやつを見ていると味見させてくれるし、

子供たちはサトウキビのおやつを分けてくれます。

 

全ては小さなことかもしれないけど、その行動一つ一つに愛を感じるんです。

それも当たり前のように。

 

 

カンボジアの現状を見ると、つい同情のような感情を抱く時もあります。

しかし彼らを見ると、いつも笑っているんですよね。

そしてのんびりとしています(笑)

家族といる時間を大切にしています。

 

もちろん全てではないと思います。私が見た世界も一部と言ってしまえばそれまでです。

でも本当に、楽しそうな人、愉快な人が多いことにいつも驚かされます!

大人も子供も歌や踊りが大好きなんですよね。

 

楽しいから笑い、

笑うから楽しくなり、

それがみんなに伝染して、

優しさにつながっているような、そんな気がしました。

 

発展途上であるカンボジアでは、まだまだ海外からの支援が必要です。

私自身、今後も色々な面で国際協力できたらいいなと思っております。

その際に気を付けなければならないこと、

それは、彼らの幸せのスタンスを崩さないことだと思いました。

 

ありきたりな言葉になってしまいますが、

「物があるから幸せ」ではないですよね。

 

日本にあってカンボジアにないもの。

カンボジアにあって日本にないもの。

その両方が確実に存在していて、それぞれの価値観があって、何が良い悪いではなくそれだけだと思いました。

 

カンボジアって明るいです!!

貧困や教育問題、課題はたくさんあるけど、そんなネガティブなイメージを超える心の豊かさを私は感じました!!

 

いつも学ばせてもらっているカンボジアの人々に少しでも恩返しができたらなぁと心から思います。

残り34日、最後まで精一杯頑張ります!!

 

鈴木由香里

 

新着情報一覧へ