慢性疲労症候群患者への社会的支援の必要性を強調してくださっています。

 

障害年金の制度を知らずに、医療費に困っている方もおられます。

 

受給対象になっていても請求手続きをしなければ受給できません。

 

患者も制度をよく知ることが大切です。

 

5月12日は、慢性疲労症候群だけでなく、線維筋痛症、化学物質過敏症の啓発デーにもなっています。

 

障害年金無料相談会は、病名や障害を問わず対応いたしますので、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

新着情報一覧へ