プロジェクト概要

竹あかりで地域の魅力を灯す!竹あかりキャラバン!

 

はじめまして!ちかけんの三城賢士と申します。私たちは、まちづくりをベースとした、竹あかりあり方、作り方を伝えていきたいと思っています。ちかけんが地域を元気にするため、竹あかりの魅力を伝えるために、全国各地のまちづくり団体・学校・自治体などに出張し、地域の人たちと一緒に竹あかりを作り、その地域を魅力を発信し、元気にするきっかけを作ります!

 

そのために日本全国を回りたいのですが、そのために車がありません。制作にかかる工具・備品などを揃えたり、レクチャーブックを作ったりするのに、あわせて300万円必要です。

 

 

 

ちかけん設立

 

私は、大学時代、相方・池田親生と「まつり型まちづくり」を取り組む研究室に入り、様々な地域で竹あかりのまつりを取り組みました。そして、卒業後、竹あかりの輪をさらに広げたいと想い、池田と「ちかけん」を設立しました。

 

(ちかけんの会議の様子)

 

 

「自分たちのまちは、自分たちでつくる」

 

現在、竹あかりは目新しさや美しさに目が向き、集客目当てのイベントして取り組まれている地域が増えていています。しかし、僕らがまちづくりとして取り組んできた竹あかりはそのようなものとは違います。

 

竹あかりは「自分たちのまちは、自分たちでつくる」というあり方からスタートし、その地域にしか出来ない風景・物語を竹あかりを通して伝えるもです。竹あかりを自分で作り、自分の住むまちに灯すことで、まちの魅力を再認識し、郷土愛を育み、まちへの誇りとなります。このような、竹あかりのあり方までも伝えなければ、竹あかりはただの流行で思ってしまうのではと思っています。だから、本来の竹あかりを伝いたいと想い、プロジェクトを思いつきました。

 

 

 

 

ご支援宜しくお願い致します

 

日本全国を回りたいのですが、そのために車がありません。また、まず竹あかりを気軽に楽しんでいただけるように、制作にかかる工具・備品などを揃えたり、竹あかりが伝わりやすいようにレクチャーブックを作ったりするのに、あわせて300万円必要です。竹あかりを灯したまちの人たちや、竹あかりの作り方をレクチャーされた人たちを笑顔にしたい、地域を盛り上げたい、そんな想いで頑張っています。どうか皆様応援宜しくお願いします!

 

 

引換券について

 

◆ サンクスレター 

◆ 竹あかりキャラバンカーに名前を記載
◆ 竹あかりレクチャーブックに名前を記載

◆ ちかけん竹あかりカレンダー 
◆ ちかけんTシャツ
◆ ちかけん竹あかりランプシェード
◆ ちかけん竹あかりランプシェード(文字加工可) 
◆ 熊本県産竹箸 

◆ ちかけんが竹あかりを現地でレクチャー

  (交通費のみの負担でOK)