プロジェクト概要

カンボジアでラジオ番組「ボイス・オブ・ハート」を放送したい!

地雷被害者に生きる勇気を!

 

初めまして。一般財団法人カンボジア地雷撤去キャンペーン(CMC)理事長の大谷賢二と申します。私がカンボジアの地雷被害者の悲惨な状況を見て、何とか地雷問題に特化して具体的解決に向けた活動をやろうと思い立ち、1人で動き始めてから17年が経ちました。その間に支援の輪は日本全土に広がっていきました。来年、地雷被害者ためのラジオ番組「ボイス・オブ・ハート」の放送をぜひ行いたいと考えています。

 

しかし、企画制作、運営などの費用がまだ足りませんので、皆様のご支援をいただけませんか。

 

(ラジオ番組放送の様子)

 

■2015年ラジオ番組「Voice Of Heart」の企画・運営を続けたい!

 

CMCは次年度もカンボジア バッタンバン州及びバンテアイミエンチャイ州でラジオ番組「ボイス・オブ・ハート」の企画制作・運営・放送を行います。

 

番組の目的は以下の通りです。

・地雷被害者をはじめとする障害者の方々に、逆境にめげずに前向きに生きる力を持ってもらうこと。
・地雷被害者をはじめとする障害者の方々が抱えている苦労や悩みを健常者に理解してもらい、彼らに対する差別・偏見をなくすこと。
・地雷の危険性を啓蒙し、新たな地雷被害を減少させること。

 

(ラジオを聞いている様子)

 

ラジオ番組「ボイス・オブ・ハート」の取り組みは、単に地雷被害者・障害者の心のケアに止まらず、健常者側の障害者に対する差別の解消や思いやりの喚起、また、被害者の経済的自立につながる仕事の紹介、さらには地雷被害の回避に向けた広報の役割を果たします。

 

ラジオ放送番組制作費と宣伝費用、番組出演者交通費、その他合わせて150万円が不足しています。2015年度のラジオ番組運営を続けるため、皆様のお力をお貸しいただけませんか。

 

(地雷撤去の様子)

 

■カンボジア地雷問題の実情について

 

 カンボジアでは1970年から1998年の和平までゲリラ戦が続く内戦状態となっていました。その間あらゆる勢力によって国中に安価で入手できる地雷が有効な兵器として大量に使用されました。

 

 内戦が終わってもなお、カンボジアには推定400万~600万個の地雷、不発弾が埋まっており、その被害者は約6万人以上にのぼります。これは、一刻も早く解決しなければならない問題であり、CMCでは地雷撤去団体への資金援助を17年間に渡り継続的に行っています。

 

(地雷の被害者)

 

■「Voice Of Heart」とは

 

カンボジア人の数少ない娯楽として大多数の人々に愛聴されているラジオ放送を利用して地雷被害者の孤独な心に呼びかけたい!

 

 カンボジアの多くの地雷被害者・障害者は仕事がなく貧しい上に、手足を失ったコンプレックスで自信をなくしています。私たちはカンボジアで最もポピュラーで誰もが聴取可能なラジオを使い地雷被害者の心を癒す方法を考えました。電話もテレビもない世界で地雷被害者・障害者たちの心を結ぶのはラジオが最善だという発想の下にCMCラジオプロジェクト「Voice Of Heart」は始まりました。

 

 「Voice Of Heart」の番組構成は地雷被害者・障害者が愛する人に宛てて書いた手紙の朗読、地雷被害者インタビュー、地雷被害者・障害者が綴った詩の朗読、地雷問題に関するディスカッション、愛聴者からのリクエストソングなど多岐に渡ります。

 

 またラジオ可聴エリアにて、地雷被害者・障害者500名のアンケート調査を行った結果35%の方々が「Voice Of Heart」を聴いたことが分かりました。またどのコーナーが良かったかの質問には詩の朗読と地雷被害者・障害者インタビューのコーナーが人々の思いを切実に伝えていて心に響いたという意見が多く、次のような声がありました。

 

(ラジオの様子)

■視聴者からのメッセージ

 

マッサージセンターで働く地雷被害者より

 

「私たちの人生を知ってもらうのに、とても素晴らしい番組だった。家族を養うためにもっとがんばって働くぞという強い気持ちを駆り立ててくれた。司会者の『悩まないでください、自分たちの力でできることを精一杯やってみましょう。多くの組織が皆さんをサポートしてくれますから』という言葉が心に残った。私は新しい自分に生まれ変わった気がした」

 

 一般健常者より

 

「番組が、障害を持つ人々の頑張って生きる姿を私に教えてくれた。障害があっても社会のために努力している姿に心を打たれた。このことをもっと多くの人に伝えるためにも、ぜひ放送を続けて欲しい」

 

ラジオ番組の運営を続け、多くの人々に勇気を届けるため、皆様のご支援をお待ちしております。

 

引換券について

 

・CMCリーフレット

 

・CMCポストカード

 

・書籍「地雷原の子どもたちと共に」

 

・CMCスタディツアー優待券

 

・CMCスタディツアー招待券