皆さんこんにちは!小笠原蓮です。

 

昨日に引き続きYUEの生徒の皆さんを紹介していきたいと思います!

 

2人目は、聡明で優しく、日本にも渡航・留学経験のあるジンジンちゃんです!

 

人, 室内, 壁, 女性 が含まれている画像非常に高い精度で生成された説明

名前 : Zin Linn Linn Oo (Zin Zinn)

年齢 : 22
自己紹介 : 

Hi, Im Zin Zinn.

 Im a student of Yangon University of Economics

studying Master of Business Administration.

I am also a participating youth of Ship for Southeast Asian and Japanese Youth Program SSEAYP(2016).


このプロジェクトに対して一言 : 

The reason I decided to join this project is because since after the SSEAYP program,

 I have been more aware of the importance of social activities. I believe this project can truly benefit the people in rural areas of Myanmar. By using the stove, people in rural areas can solve the problems of using three stone stove such as smoke and heat controlling problems which can not only harm their health but can also cause damage to the environment.

I went to Twantay village with these awesome TCUE students on their first survey and I am enthused to work with them on later stages of the project and bring it successfully to end.

 I am proud to be a part of this innovative project which has a very good intention of changing rural peoples lives in a better way.

 

 

ジンジンちゃんはYUEのメンバーのリーダー的存在として、

YUEのメンバーをまとめながらこのプロジェクトに参加してくれています。

私たちがこのプロジェクトをYUEのメンバーと進めていく過程で、

住んでいる国が違っても意思疎通が図れるのはリンリンちゃんのおかげです。

 

 

またこのプロジェクトとは別のSSEAYPというプログラム

のメンバーとしても活動していています。

日本語では‘東南アジア青年の船‘と呼ばれ、

先月まで日本にも滞在し活動していました。

 

 

海外での活動経験豊富なリンリンちゃんがこのプロジェクトに参加してくれていることは、私たちにとっても刺激になり勉強にもなります。

培った経験をこの活動に還元してくれるので、

このプロジェクトにとっても大きな存在です。

2回目の現地調査にも引き続き参加してくれるということで

とても有意義な活動にできそうです!

新着情報一覧へ