ネクストゴールももう少しで達成しそうで驚いています。

皆様のご支援心から感謝いたします。

 

森林ノ牧場のバターはまだ販売しておりませんが、試作品はお客様に提供しています。その一つがカフェのランチメニュー。

ランチに付くバターは森林ノ牧場の発酵バターを召し上がっていただいています。

 

 

バターから離れてカフェのお話。

 

そんな森林ノ牧場のカフェは14日の営業で冬季休業に入りました。

毎年冬場はカフェはお休みをいただいていて、その間はカフェ内の大掃除をしたり、改装をしたり、年によってはこの時期にしかできないイベントをやったりと意外と忙しく過ごしています。

 

「床みがき」というのも冬季休業中の仕事の一つ。

 

お客さまに「床が印象的だった」と言われることがよくあります。

この床、ベニヤ材などを取った残りの芯材を使った床で、

オープンの頃はビシッと木が接着されていてました。

 

しかし、時間が経過するうちに木が乾燥して「パキッ!!」と音がなるようになりその度に隙間が空いてきました。

はじめのうちはあちゃー、と思ったものですが、

「カラカラ」という音がするようになり印象的な素材になりました。

 

どんなものも出来た時が完成ではなくて、できてから育てていくものだと思いますが、この床は思いがけない育ち方をして良い感じになってきました。

 

ただ、掃除は大変です。

2年に一度はこの床を削るのですが、、、どなたか一緒にやりましょう。。

 

こちら、カフェ店長の遠藤が書いたブログ記事です。

 

 

新着情報一覧へ