瓶の底で靄がかかったように見えるものがバイオ人工膵島

 

<バイオ人工膵島のサンプルを拝見>

先日、私たちが2013年に研究助成させていただいた福岡大学基盤研究機関再生医学研究所長の小玉正太教授から、研究室で作成されたバイオ人工膵島のサンプルを拝見させていただきました。

*小玉教授は、バイオ人工膵島移植の成果向上(術後の生着率の向上など)に向けて研究されています。

 

 

<1日も早いバイオ人工膵島移植の臨床試験実施へ>

今回のプロジェクトを成功させ、国内で臨床試験に使用できるグレードの安全性や衛生度の高い「医療用ブタの確保」を進めていき、1日も早く安全な臨床試験が実施できるようにしたいです。

 

そのためにも皆さんのご協力をお願いいたします。

 

 

認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク

専務理事 大村詠一

新着情報一覧へ