アニマルセラピー効果?!

今日もいつもの通りセラピー活動に行きました。
今日初めてお会いする利用者の方。以前は犬を飼っていて、とてもかわいがっていらっしゃったとのこと。

トイプードルのリヤンが隣に来ると、急に声をあげて泣きだされました。私たちもスタッフの皆さんもびっくり!
 

セラピー活動

 

最初は怖がっているのかと思いましたが、嬉しくて喜んでいる様子。しばらくして落ち着いて犬たちを撫でながら嬉しそうな表情を見せてくれました。

 

こちらの施設では高齢者施設ですので、一日に何度か利用者さんの血圧を測っています。こちらの利用者さんは午前中の測定では血圧が190もある測定値が出ていたそうです。190といえば「悪性高血圧」というかなり良くない数値です。
犬たちと会って興奮して大泣きをしてしまったので、血圧がさらに上昇してしまったかと心配したスタッフが再度測定したところ...なんと130という正常に近い数値が出ました。

病院の検査ではないので正確ではないにしろ、確実に血圧は下がったようです。こんな結果を目の当たりにした私たちもスタッフの皆さんも驚きの「リヤンちゃん効果」でした。

 

薬に頼らなくても犬たちのチカラでこんなことも起きます。

2013年の北海学園大学の研究チームの試算によればアニマルセラピーを行うことによって高齢者の健康増進効果が生まれ、それによって1,350億円の医療費削減につながるという結果が発表されています。

もっと多くの人に動物のチカラを知ってもらいたいと思います。プロジェクトの達成期限までもう少しです。応援よろしくお願いします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています