クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

消えゆく伝統芸能の道具を復元したい -伝統芸能の道具ラボ-

田村民子

田村民子

消えゆく伝統芸能の道具を復元したい -伝統芸能の道具ラボ-
支援総額
716,000

目標 700,000円

支援者
67人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2013年01月05日 00:13

房ストラップのお手入れ方法

明けましておめでとうございます。

「伝統芸能の道具ラボ」の田村民子です。みなさん、よいお正月をお過ごしでしたでしょうかね。私は1月末に締め切りのある原稿を抱えていて、年末年始もパソコンに向かう毎日です。

 

今回は、職人さんに作っていただいた房ストラップの特集です。

私は試作で作ってもらった房ストラップをあれこれ使っていたのですが、みなさんと同じタイミングで、新しいストラップを使っています。タイプはD(朱色・スマホタイプ)。約1カ月使ってきましたが、今はこんな状態です(古いジャノメミシンにかけて撮影してみました)。

fusa

 

お贈りした方から「こんな風に使っています〜」という写真も送られてきましたので、ご紹介しますね。

 

まずはMisaさん。印伝のバッグに付けておられます。着物用のバッグですねー。

みささん

 

こちらは、めぐみさん。こちらのバッグも和っぽくて素敵ですね。

めぐみ

 

私もなにかバッグに黒い房を付けてみたくなります。バッグタイプは、当初は作る予定ではなかったのですが、支援者の方の声のなかに「バッグにつけてみたい」というものがあったので、急遽追加したのです。そして、職人の江口裕之さんがバッグにつけやすいようにと、最後の最後まで粘って工夫を凝らしてくださったんですよ。

 

そして、その江口裕之さんから、みなさんへメッセージです(本日、受け取りました)。

 

*** 房のお手入れ方法 ***

房に癖が付いてきたら、「湯のし」を試してください。蒸気を当て櫛ですくと、雰囲気が戻ります。房のアイロン掛けですね。蒸気はヤカン口から吹き出す強いものが最適です。

***

 

私は、ふわっとした雰囲気が好きなのでしばらくはこのまま使ってみたいと思います。

 

そして、私の今のひそかな夢は、電車とかカフェで、この房を持っている人とばったり出逢うことです! お会いしたことのない支援者の方がたくさんいらっしゃいますが、そんな風にして「あ!」と巡り会えると楽しいなぁ〜と思っています。

今年も、活動を進めていきますので、よろしければ応援をお願いいたします!

 

「伝統芸能の道具ラボ」田村民子

Webサイト:http://www.dogulab.com/

Twitter: @TAMIKOTAMURA
facebookページ: www.facebook.com/dentogeinodogulab

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

*お礼のハガキを送付&本プロジェクトの活動報告書(PDFデータ)をメールで配信。
活動報告書にお名前を記載(希望者のみ)。      

支援者
12人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

*上記1点に加え、オリジナル「組紐職人が手作りしたストラップ」をプレゼント。

支援者
44人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

*上記2点に加え、活動報告会&ブレスト大会(2012 年 11 月 11 日(日)、東京・
自由が丘にて実施予定)にご招待。

支援者
16人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

*上記3点に加え、兵児帯(へこおび 男女兼用 絹 絞り染め)をプレゼント。

支援者
6人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする