「○○修学旅行~私だって変われる~」実行委員の小西里奈です。

 

まずはじめに、新着情報を見て〇〇修学旅行を気にかけてくださっている皆様、お力添え頂いた皆様、本当にありがとうございます。皆様のおかげで無事、10月7-8日の1泊2日で開催することができました。

〇〇修学旅行の2日間、たくさんの想いがぎゅうっと詰まって綺麗に混じり合いながら、かけがえのない素敵な時間を創り出していました。

お力添え頂いた皆様に、私の目で見たことや、感じた事にはなりますが、お伝えさせていただきます。


『ゆるやかに変わる』

女の子たちが、勇気を出して1人で飛び込んできた1日目朝。そこから2日間をともにする中で打ち解けてリラックスした表情に変わる様子。

同じ悩みを持つ女の子たちと出会う事で今まで話題にできなかった苦しい出来事が少しだけ軽くなったり、過去に諦めてきたものを取り戻すかのように全力で楽しむ姿。

メイクやヘアをして貰って綺麗になって、優しく触れてもらうことで『女の子』であることを楽しんで、表情まで変わるようなきがしたり。

2日間通して、終わる頃には『また会おうね』と言える関係性になっていたこと。

様々な『変化』を目にしたし、一緒の時間も過ごすことで私も心を揺れ動かされ、ゆるやかに変化した事をたくさん見つけた気がします。


『心が満たされていく感覚』

ここに来た目的を話す。無心で体を動かして清々しいお日様を浴びる。みんなで美味しいお肉や野菜を焼いて楽しいお話をしながらBBQの時間を過ごす。
大きな火を囲んでゆらゆらと揺れる炎を見つめながら話を聞く。ヨガをする事でたくさん揺れ動いた心を落ち着ける。ペアヨガで空いてに寄り添いながら癒される。ゆっくり休んだ次の日はメイクで綺麗になって心踊る。

そんな風に、普段の生活で少なからず減っていく心のコップを少しずつ満たしていくような、そんな感覚。居てくれるだけでお祝いしたくなるような、そんな素敵な空間になりました。


『あたらしい友人達』

今回、摂食障害というキーワードの元に、私達は〇〇修学旅行で、良き友人が沢山できました。ショッピングをしたり、一緒におしゃべりしたりしたい、素敵な友人。

でも、友人になるきっかけが、〇〇修学旅行だったという、ただ、それだけ。

これからも仲良くしたい、尊重したい、大事にしたいと思うかけがえのない友人なのは間違いないです。


『力強い仲間たち』

運営メンバーたちは、バックグラウンドも、年齢も、今やっていることも全く違うみんなだったのに、不思議と心地よく、心強く、素敵なんて言葉じゃ片付かないような、人間らしくてとても大切な仲間になってしまいました。嬉しい。だいすき。


最後に、私が2日間通して感じ続けたことと、改めてこのように素敵な2日間に見守っていただいたり、お力添え頂いた皆様に改めてお礼を。

弱さを知る人はそれを受け入れて前に進もうとする事にものすごく強く美しいなあと。

本当に、見守っていただ居たことは、安心に。ご支援いただいたことは、勇気になりました。〇〇修学旅行に関わりたいと思ってくださった、全ての人に感謝しています。

本当にありがとうございました。



「〇〇修学旅行〜わたしだって、変われる〜」

実行委員 小西里奈

新着情報一覧へ