ここ1週間で、支援が一気に進んでいます!

ご支援頂き、ありがとうございます。

もう少しで達成できそうですが、気を引き締め、対策&準備を進めております。

 

今回は、堆肥舎について。

 

この堆肥舎について、実は、今回のクラウドファンディングが失敗に終わっても製作することにしているもの。
野菜を育てていると、出荷できず食べきれないもの、葉野菜などでは、虫食いの葉っぱを剥いだりして(調整して)、残渣が結構出てきてしまいます。

それをうまく土へ還して、再利用できたらとずっと思っていました。

 

生ゴミも一緒に堆肥化して循環システムを体験できるようにするのが今回の食育プログラムですが、来年からはい、すぐに堆肥化します〜とはなかなかいきません。

生ゴミや野菜の残渣が腐らずにうまく分解できるよう、微生物たちが活躍してくれる場(床材)が必要です。

今回はその「場づくり」を始めました。

 

 

もみがら、落ち葉、赤土、米ぬかを混ぜて、発酵させています。

微生物の力はすごい!

2日目に発酵熱で62℃まで上がりました!

60℃を超えれば第一段階クリア!

生ゴミを分解できるようになるまで約2週間かかります。

良い床材づくりに向けて、試行錯誤が始まっています!

 

来年の食育プログラムでは、うまく稼動しているはずです。

乞うご期待!

 

 

成立に向けてあと少し。

引き続き、みなさまの暖かいご支援お待ちしております!

 

新着情報一覧へ