明けましておめでとうございます。

れごん農場の大井です。

 

2015年がはじまりました。

さっそく、「北海道自給率100%の平飼い自然卵をつくるという目標達成」と「ひよこ達の健康」を祈願し、札幌市内のパワースポットといわれている伏見稲荷神社(札幌市)に初詣に行ってきました。

 

 

神頼みで健康で強健なニワトリが育つということはないのですが、日々、せっする人知の及ばない自然への畏敬の念と感謝も込めて行ってきました。

 

READYFOR?プロジェクトがスタートしてから30日以上が経過しましたが、この30日の間にもヒヨコ達は、高さ40cmもある育すう箱から羽ばたき、飛び出すことができるようになるくらい大きくなりました。

 

れごん農場には少しだけ雄鶏がいるのですが、まだヒヨコの面影が残っているのですが、メスに比べるとやはり堂々としていて、少しだけ見えてきた鶏冠がなんとなく勇ましく感じられるようになってきました。

 

この数少ない雄鶏たちがキーとなり、あと数ヶ月ほどで、健康で美味しい「有精卵」をつくってくれます。

 

2015年の幕開け!また、気持ちを新たに北海道自然卵プロジェクトの実現にむけ、一層努力していきたいと思います。

 

 

どうぞ、昔ながらの自然卵(有精卵)プロジェクトへの応援を宜しくお願いします。

 

 

 

 

新着情報一覧へ