会計報告いたします。

みなさま。大変ありがとうございました。

おかげさまで、最後の手話通訳者派遣料の支払いが終わり、

残るはクラウドファンディングの手数料ですが、それも仮に確定し、

たぶん、この額と思われるので会計を報告させていただきます。

手数料が差し引かれた後、みなさまのご協力金が私たちの手元に

無事届けられる事になります。

 

項目別にまとめたものですが、以下をご覧ください。

予算は、細かな項目分けをしていなかったので

入場収入全体として、あるいは協賛寄付合計として算定しておりました。

上映料や講師に関わる部分について、大分便宜を図っていただいた

という事が見えますね。感謝感謝ですが、今後は甘えずに済ませられれば

と願うところです。

収入にしても支出にしても予算をたてた時にはクラウドファンディングを

想定しないものにしていました。結果として「協賛金」という

自腹を切る部分を減らす事ができました。

その分、会場の基本設備(第2会場暗幕とか)に回せました。

次回以降にも力として発揮させる事ができるでしょう。

 

       吉岡宿にしぴりかの映画祭2016
 
           簡易収支決算書
    (単位、円)
        収入の部  予算  決算
 入場料収入(1日目) 200,000 127,100
      (2日目)   44,250
      (前売り券)   60,830
 カンパ 467,000 3,053
 協賛金   284,705
 クラウドファンディング寄附金   210,000
合計 667,000 729,938
 
         支出の部  予算  決算
 作品上映料(6本) 225,000 215,404
 講師等謝礼交通費宿泊費等 222,000 205,090
 会場・設備使用料 10,000 16,200
 宣伝広告費用(デザイン・印刷・送料) 200,000 242,186
 事務費(手数料・リターン購入) 10,000 51,058
合計 667,000 729,938
 
収支差額 0 0
     

 

クラウドファンディング、という形で、みなさまの協力を得て運営する。

決して、御好意に甘えるだけではなく、しっかりと社会的にも貢献できる形として。

むしろ、その多くの方々。…遠方の方々もおられました。身近な方もおられました。

それらの方々も、この企画に参加してくださっている。賛同してくださっている。

みんなの企画なのだ。みんなの望む形にしていかなければいけない。

その上で、私たちの願いを新たなものに。前を進む形のものに。

 

そんな励みとしても、活用させていただきました。

次回「吉岡宿にしぴりかの映画祭2017」の

第1回実行委員会は11/6に開催されます。

毎回クラウドファンディング。というのではなく、次回は助成金を狙おう!

と検討します。経済的にも努力して、より良い映画祭を続けていきたい。

と実行委員会一同考えております。

 

実行委員会は完全に開かれています。

遠方の方もメーリングリストに登録して

ご意見をいただく事も可能です。

もし、よろしければ、みなさまも実行委員会のメンバーにどうぞ。

ご連絡は info@nisipirica.com

 

 

今回はありがとうございました。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています