プロジェクト概要

震災直前のネパールの姿を残した写真展『ネパール展』を開催し、寄付金を募りたい!

 

はじめまして!森ひろみです!わたしは今年の3月末、友人とネパールにいました。先日の4.25震災のちょうど一ヶ月前です。ネパールで出会った人たちはみんな本当に優しく、今でも連絡を取り合える友人がたくさんできました。

 

地震のことを知ったのは、そんなネパールの友人と連絡を交わしていた矢先だったので、本当に信じられないような、とにかく無事を願うようなそんな気持ちでした。友人は無事でしたが、辺りの様子はだいぶ変わっているようでした。連絡が無事とれても「ダイジョウブダイジョウブ」という友人に、わたしはただただ、うんうんと頷くことしかできず、本当にもどかしくて、わたしにも何かできないかと考え、寄付金を集めるイベントを開くことにしました。

 

 

[ Photo Exhibition ]
ネパール展 〜震災直前のネパールの様子を収めた写真展〜

[日程]
2015.6.13(土)13:00〜20:00
2015.6.14(日)13:00〜20:00

入場料 / donation(寄付制)
集まったお金を全額ネパールへ寄付します。

[Gallery]
gem  (galerie et magasin)
〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-9-18

 

どうかこの展覧会の開催費用のご支援をいただけないでしょうか?

 

 

 

■東北の震災を乗り越え、今度は私たちが応援する番です。

 

震災前の美しいネパールの景色とネパールの人々の表情を残した写真は、今では貴重なものではないかと思います。震災は多くのものを消し去ってしまいます。

 

わたしは福島県出身で、東北の震災後、復興支援に携わってくれた方々にとても感謝しました。国を超えて日本ガンバレ!と応援してくれる世界中の声に、

そんなに優しいの?!と本当に感動しました。あの時ネットでもラジオでもテレビでも、なんでもよかった。日本のために祈りを捧げてくれる国があるというニュースが届くたびに本当に感動したし勇気づけられたんです。

 

あの時の感動を生活しているとすぐに忘れてしまうけど、こんな時こそ思い出して、今度は私たちが応援する気持ちを届けたいと、そう思います。

 

 

普段チャリティやらボランティアなんて素通りしてしまうし、自分にできることは本当に微々たることしかなくて無力だなって、なんの意味があるのかなって思ってしまうことばかりですが、それでもこのような活動に参加し共感して応援してくれる人がいることを、本当に感謝しています。


震災前の美しいネパールの景色とネパールの人々の優しい笑顔の写真が皆様に届きますように。ネットでも何でも今はたくさんの情報や写真が見ることができますが、少しでも多くの人にわたしの活動をきっかけに、ネパールに興味を持ちネパールを訪れてほしいと思います。

 

 

■復興に向けて頑張るネパールの人々を応援したい!

 

ネパールという国がどのような国なのか、わたしはネパールを実際に訪れる前はあまり良く知りませんでした。行ってみないとわからないことがたくさんあると思います。

 

 

 

一人でも多くの方にネパールに興味を持ってもらい、復興支援にご協力いただけるように、この写真展が意味のある活動になるよう願います。


写真展の日も参加形式をdonation(寄付制)とし、集まった売り上げをネパールへの寄付にいたします。その後もこちらのページより寄付金を募ります。集まった金額は、ネパールの支援団体「Rac Rudramati Babarmahal」で活動するDeepak Tripathiさんへ譲渡させていただきます。彼は自ら経営するゲストハウスの売り上げを団体へ寄付し、震災前からネパールの子供たちのために支援活動を行っていました。

 

 

 

 

地震があった現在も、自身の生活も厳しい中で復興のために力を注いで活動しています。集まった金額によりできる支援に限りがありますが、子供たちの学校を再建するためにミニマムでおよそ5000ドルかかるとのことです。

 

5000ドル…わたしには個人で寄付できる金額ではありませんが、なんとかして集めたい気持ちです。活動資金に加え支援金が集まりましたら、復興支援の寄付金としてネパールへ送ります。

 

大きな寄付団体などお金を送金する場所はいくつもあり、どういった形でネパールへ寄付を送ろうかとても悩みましたが、ネパール現地の支援活動を行っている方々に直接渡り、寄付金の使用方法が明瞭になることを踏まえ、このような形での寄付を選びました。寄付が募った際には、どのような形でネパールの支援に使われたのか追ってご報告できると思います。

 

日本でも東北の復興も未だ完全ではないですが、同じ震災の苦しみがわかる国民として助け合えたらいいなと思っています。皆様どうかよろしくお願いします!

 

 

 

◆◇◆◇◆◇引換券について◆◇◆◇◆◇

 

・お礼メール

・展示写真Sサイズ

・展示写真Mサイズ

・展示写真Lサイズ
・ポートレート撮影(都内限定)


最新の新着情報