現在私はこの新着情報をフィリピンにて書いています。1月10日から14日まで、フィリピンに来ています。

 

1月12日、安倍総理ご夫妻がドゥテルテ大統領との会談のためフィリピンにいらっしゃいました。お忙しいスケジュールにも関わらず、空港に到着されてから1時間後、昭恵夫人が1番最初に訪問してくださったのが、フィリピン国立盲学校です!

 

 私は盲学校にて、校長先生やフィリピン政府の偉い方々と共に昭恵夫人をお出迎えしました。その後、高校2年生に当たる11年生の英語の授業をご覧いただきました。

 

昭恵夫人から生徒たちに

 

「みなさんぜひ夢に向かって学び続けてください。教育の機会はフィリピンだけにとどまらず、石田さんがイギリスに留学したように、ぜひ日本にも学びにいらしてください」

 

という激励のメッセージが贈られ、生徒代表としてメラニーという女の子が、盲学校での教育を通して自分の可能性がいかに広がったかを離した際、婦人は目に涙を貯めて聞き入っていらっしゃいました。

 

昭恵夫人の「みなさんの将来の夢は何ですか?」という質問に対して、

「弁護士になりたいです」と答えた男の子、「先生になりたいです」と答えた女の子、そして「プログラマーになりたいです」と答えた男の子。

 

生徒たちみんなに夢があって、学び続けたいという気持ちが合って、真剣に授業に取り組む姿が合って…、この盲学校の教育の質は比較的高いのです。

 

悔しいのは、そのような教育の場にアクセスできる視覚障害児がほんの一握りに過ぎないこと、教育を受けるため彼らが宿泊している寮の環境があまりに悪いこと、そして障害者は何もできないと思われがちな社会において、彼らが夢を叶えるのは非常に難しいという現状です。

昭恵夫人の盲学校訪問が現地メディアでも取り上げられました!

 

CNN Philippines


フィリピンプライマー

 

 

 

新着情報一覧へ