最後に私から、なぜフィリピンの視覚障害者の教育支援に関わりたいと思うようになったのか、自分の経験を含めてお話ししたうえで、盲学校と共に行っているこの事業と、クラウドファンディングについて紹介させていただきました。

 

昭恵夫人は「クラウドファンディングはいつまでですか?」と確かめてくださり、ぜひ応援していきたいとおっしゃっていました。

 

 予定では、この後私たちは教室から出て、生徒を含めて写真撮影だけをし、夫人をお見送りすることになっていました。ですがプログラムには入っていなかったにも関わらず、昭恵夫人は写真撮影の前に生徒たち一人ひとりと握手をしてくださっていて…、私にはそれが何より嬉しかったです。

 

 今後、ご訪問当日の写真をいただけることになっていますので、また後日新着情報にてアップします!

 

 今回の総理夫人のご訪問を通して、盲学校との間に一つのことを成し遂げたという連帯感が生まれ、より団結が強くなったように感じています。

 

障害者という、日頃フィリピンにおいてスポットライトが当たらないところが報道され、盲学校という閉鎖的な世界を世の中に知っていただく機会になり、また視覚障害者が教育を受けて働いているというのを知っていただく機会にもなり、さらには本日、盲学校が属するパサイ市の市長夫人にも現状をご覧いただくことができたのです。

 

私の言葉では言い表せないくらい、このような貴重な機会を与えてくださった外務省さんと、ご足労いただいた総理夫人に、大変感謝しています。

 

 フィリピンにおける障害児教育促進に関わりたいと私が学生時代に言いはじめてから、もうすぐ7年になります。続けているとご支援の輪は広がるのだと、実感しています。

 

昭恵夫人の盲学校訪問が現地メディアでも取り上げられました!

CNN Philippines

http://cnnphilippines.com/videos/2017/01/13/Japans-first-lady-visits-PH-school-for-the-blind.html

フィリピンプライマー

http://primer.ph/blog/genre/all/2017-01-12-abe-akie-philippine-school/

新着情報一覧へ