こんにちは!町屋研の山本です。

クラウドファンディングも、残り4日となりました!

 

今回は、本日追加した返礼品のご紹介と

町屋研のボランティアワークショップで店舗の改修をお手伝いした

【岩茶房丹波ことり】さんのご紹介です。

 

 

 

 

岩茶房丹波ことりさんは、2005年に篠山商店街の中心部に

岩茶24種類と自家製のお菓子を提供される岩茶専門店として生まれました。

その後一時閉店を経て、2010年の秋

篠山城址の堀の端にある旧武家屋敷を改装したのが現在のお店です。

お店の前には桜、裏手には竹林と、周辺の自然環境が素敵な立地にあります。

 

 

 

緑豊かでやわらなか空気に包まれたほっと落ち着く空間で

中国皇帝の残した稀少なウーロン茶「岩茶」を、

丹波の陶工柴田雅章氏の器でいただくことができます。

自家製のお菓子も可愛らしくて、雑誌や旅情報などでも取り上げられています。

 

 

 

 

この、現在のことりさんの店舗は

町屋研の古民家再生ワークショップの5棟目として

改修のお手伝いをしたところです。

 

改修が終わり、店舗としてオープンしたあとも

壁修理(土壁塗り)ワークショップを開催させていただきました!

 

 

 

 

 

 

このように、町屋研とは長いお付き合いをいただいていることりさん。

今回のクラウドファンディング挑戦にあたり、
返礼品のご協力をしていただけることになりました!

 

数ある稀少な岩茶の中から、

季節に合わせてセレクトした岩茶4〜5種類のお試しミニパックを

詰め合わせにしてご自宅までお届けします。

 

 

 

香り高い貴重なお茶を、ぜひお楽しみください!

また、ことりさんは四季折々の風景がとても素晴らしいので

お店の方にもまた足を運んでみてくださいね。

 

 

新着情報一覧へ