こんにちは、ジェンダーイコールの大井です。

 

プロジェクトも残り6日、皆様のおかげで達成まで残り84,000円となりました!本当に本当にありがとうございます!

達成目指して最後まで頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします!

 

今回は、そもそも「名もなき家事」とは、なんぞや!

すごく今更感ありますが、私の思うところの「名もなき家事」を語ろうと思います。

 

「名もなき家事」とは「料理」「掃除」「洗濯」とは違ってはっきりとした名前がつかない家事労働のことをいいます。

 

例えば、「トイレットペーパーの補充」や、「ダンボールを潰す」というようなこまかーな家事のことをいうのですが、この細かい家事、実はすごく重要性の高いものが多かったりします。

 

今回は「名もなき家事」の中から子供関係の一部を紹介したいと思います。

例えば、

 

●「学校の入学準備」

●「保育園や学校の手紙に書かれた持ち物のチェック」

 

など。これらはかなりの確率で母親がやっていて、そして父親は任せる傾向にあるご家庭が多いのではないでしょうか。我が家も例外ではなく。。

 

●「学校の入学準備」

 

私もパートナーと一緒に持ち物ぜーーーーーんぶに名前を書きました。特に算数セット…。あれは地獄ですね。

この名前地獄、共働きのご家庭は本当に大変だと思います。

名前といえば、保育園へ持っていく服や、オムツにも名前を書かないといけないですよね…。時間があるときにオムツ一袋全部に名前を書いてそれを保育園のロッカーにしまっていた頃が懐かしいです。まだ名前が簡単でよかったです…。

きっとこのような作業をしていたということはパートナーは全く気づいていないような気がします…。

 

オムツの名前書き。実は大変な「名もなき家事」です!
オムツの名前書き。実は大変な「名もなき家事」です!

 

●「保育園や学校の手紙に書かれた持ち物のチェック」

 

こちらも忙しいと目を通す暇がないと思います。私は写真をとってパートナーと共有しています。

学校は急に集金袋を持ってきて100円とかでなく、132円とかすごく細かい請求がきます…。

細かいのがないからとテーブルに置いておいてもパートナーは何も気にしてくれず。

自ら「入れておいたよ!」くらい興味を持ってもらいたいです!

 

「名もなき家事」、皆様はご家庭でどのように分担されていますか?

現在、私の家庭では、私が家にいることが多いためほぼ私がやっています。ですが子供のご機嫌によりこなすことができないこともしばしば。

そうなるとパートナーが気付いてくれるとすごくいいのにと思うのですが、やはり「名もなき家事」だけあって家事と認識されず言わないと気付いてくれないというストレスがあります。

今回、「ハッピーシェアボード」を実践してみて、お互いに自分の家にはどんな家事タスクがあるのか?そしてこなしているのか?を認識することができて、効率的な家事分担への第一歩を踏み出すことができたと思います。

 

「名もなき家事」とは、仕事でいう「コピー」「資料集め」のような雑務に当たるのではないでしょうか? 雑務だからといってもどの仕事もなくてはならない仕事の一つだと思います。でも誰がやってもいい仕事。

 

だからこそうまく分担して、個人負担を軽くすることができればいいなと思うのです!

新着情報一覧へ