クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

岩手県・大槌町で暮らす被災地の方々にアートと音楽を届けたい!

須藤一郎 (東日本げんきアートプロジェクト代表)

須藤一郎 (東日本げんきアートプロジェクト代表)

岩手県・大槌町で暮らす被災地の方々にアートと音楽を届けたい!
支援総額
535,000

目標 450,000円

支援者
42人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2014年09月30日 13:27

目標金額を達成!感謝です!【19日目/残り14日】

こんにちは!
東日本げんきアートプロジェクトマネージャーの朝比奈賢です。

 

おかげさまで、昨晩、目標金額を達成いたしました!

皆様、本当に、ご支援・ご協力ありがとうございます!

 

また、READYFORのトップページで数あるプロジェクトの中で第1段目に掲載されています!(よかったら青字をクリックしてみてください)

 

これで、今後の被災地への継続的な支援活動が現実的なこととして視野に入りました。この10月の現地入りの際は、先のことも見据えて、色々なつながりを新しく築いたり、今までのつながりを更に太くするような動きができます!みなさまのご支援のお気持ちをしっかりと、メンバーで受け止めて、大槌の方々へお届けしてまいります!

 

さて、今日は、ちびっこたち被災地への贈り物をご覧いただきます。

 

 

先の投稿でもお話していますが、10月11日〜13日に行われる大槌『未来へ・げんきアート展』のテーマは『花』です。会場が大槌『花ホテル』だからです。アーティスト達が、そのテーマで作品を制作しています。ところで、「芸術による敎育の会」で子どもたちに美術を指導している、メンバーの金子牧が彼らにお話をしました。

 

『アートをお届しに行くので、次回のお教室はお休みです。

 

3月11日の地震のことおぼえてる?岩手の大槌の人たちは、津波でおうちが流されたり、大変だったんだよ。まだ、仮設でがんばってる人がいっぱいいてね。すこしでも「げんき」になってもらいたいから、アートをとどけるんだよ。

 

みんなは毎週美術きて、たのしいでしょ。大槌の人もきっとそうだとおもうんだ。

そんなわけで、お教室おやすみして、先生いくけどいい?で、もし、つくってもいいよ、っていう子がいたら、お花つくってプレゼントしない?』

 

このことばに答えて、子どもたちは心をこめてたくさんの『花』をつくってくれました!写真の子はライライ君。小2の元気男子です。

 

「あまちゃんのところでしょ。おれ知ってるよ。あまちゃんへって書くね。」

と言いつつもあまちゃんがドラマであることに気が付き、訂正。

 

かわいすぎます〜!こんなに無邪気な子どもたちのつくったお花、彼らの気持ちもしっかりと受け止めて、大槌町の皆さまにお届けしてまいります!子どもたちの心のこもった作品、是非ご覧下さいね。

 

 

   

 

コーヒーフィルターに、水性ペンを滲ませシュワっとさせて色を付けます。その名も「シュワハナさん」。これは、大槌でもワークショップとして行い、被災地の方々にも楽しんでもらいます。こちらの子どもたちと、大槌の方々でコラボレーション、会場の『花ホテル』にたくさんの『花』を咲かせます!

 

最後になりましたが、いつもご支援・ご協力、本当にありがとうございます!そして、支援期間があと14日ございますので、継続的な活動のために、さらなるご協力をお待ちしております。

 

いつも、最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!みなさま、素敵な秋の1日をおすごしください!

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1)ありがとうカード
2)お名前をブログに掲載

支援者
22人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3,000円の引換券1)2)に加え、
3) すどう美術館発行AQUA11月号(報告書)
4)ワークショップで作ったアート小物orアクセサリー
5)大槌町特産品わかめの佃煮「吉里吉里若芽煮」

支援者
11人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10,000円の引換券1)2)3)4)5)に加え、
6)アーティスト オリジナル版画作品
★お好きなアーティストを選んでいただきます!

支援者
5人
在庫数
25

50,000円(税込)

10,000円の引換券1)2)3)4)5)に加え、
7)アーティスト オリジナル作品
★お好きな作品を選んでいただきます!

支援者
4人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする