READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

ガーナ北部農村地域の生活水準改善のために、井戸を建設したい!

Kambang Farms and Supplies, Ltd.

Kambang Farms and Supplies, Ltd.

ガーナ北部農村地域の生活水準改善のために、井戸を建設したい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月16日(金)午後11:00までです。

支援総額

155,000

目標金額 450,000円

34%
支援者
13人
残り
15日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月16日(金)午後11:00までです。

プロジェクト本文

【English version is here】

 

■はじめに

 

 ガーナ北部地域の住民は不衛生な雨水のため池を飲料水として利用しています。今年、ため池の利用者400人のなかで3人が、腸チフスによって命を落としました。しかし、政府・国際NGOが入っていない現地コミュニティにおいて、この差し迫った状況を改善できるのは私たちしかいません。一刻も早く、この差し迫った課題を解決したいと考えています。私たちは長期的な目線にも立ち、農業を支援し雇用を生み出すことで、社会・経済の両面からガーナ北部地域の人々の潜在能力を引き出したいとも考えています。以上の達成のため、私たちの井戸建設のプロジェクトに、みなさんのご支援が必要です。

 

 

私たちKAMBANG Farms and Supplies Ltd. はガーナで登記した株式会社です。

「ガーナ北部の農村住民の生活の質を向上させる」というミッションのもと、農業関連事業を行っています。今回のプロジェクトでは、現地住民に水を届けるための井戸を掘り300名の生活向上を成し遂げること、を目標としています。 

 

国際協力は、ビジネスによって持続可能になる」という考えのもと、私たちは2016年からガーナ北部にて事業を行なってきました。北部州Mion郡の1つのコミュニティに焦点を当て、農地開発事業や農業機械のレンタル事業に取り組み、これまでの5年間で、雇用や産業を生み出しました。

 

しかし、現地コミュニティには衛生的な水の供給がありません。 

 

想像してみてください。あなたの家で水が止まってしまったら。きれいな水を取りに行くのに、5 km先まで歩いて行く必要があるとしたら。どんな生活になるでしょうか?

 

水は、現地の生活水準を向上させるためになくてはならないものです。 衛生的な水の供給は国連で定められたSDGsの第6目標にもなっています。私たちは今回、井戸の建設によって社会的側面からもコミュニティを支え、人々の潜在能力をさらに引き出したいと考えています。 

 

今回、支援を行うきっかけの詳細については新着情報にて公開中

 

 

■私たち(KAMBANG Farms and Supplied Ltd.)について  

 

2016年設立。2019年にガーナ共和国にて法人登記。   

 

設立のきっかけは、経営メンバーの日本人2名(土橋、西島)が学生時代に行ったガーナの孤児院支援。 ガーナの直面する教育問題や貧困問題を目の当たりにしました。活動を通して、ガーナの直面する貧困等の課題を現地の人と共に、長期的な目線で持続的に問題解決したい、と考えるようになりました。そのような中、現在のパートナーであるAyuba Ahmed Muinの出会いをきっかけにガーナ北部地域に事業を始めるにいたりました。

 

 

会社ロゴ

会社名「KAMBANG」のK,A,M は経営メンバーの名前の頭文字から、BANGは現地語で”品質”という意味です。商品の質・人材の質を高めつつ、ガーナ北部州の生活水準の質を高めていきたいという思いを込めています。 

 

本社所在地:ガーナ北部州 ガーナ第3の都市、Tamale

経営メンバー:ガーナ人1名(Ayuba Ahmed Muin), 日本人2名(土橋 西島)

※ メンバーのプロフィールは文章最後に掲載しています。

事業エリア:ガーナ共和国北部地域

事業内容:今回、井戸建設予定のコミュニティに72ヘクタールの農地を保有しており、米、大豆、トウモロコシの生産を行っています。加えて、農業機械(トラクター1台、コンバイン2台)のレンタル事業を行っており、ガーナ政府等に貸し付けを行っています。   

会社紹介ページhttps://www.kambang-f.com/

 

 

■モットー「ガーナ北部地域の生活を向上させ、ロールモデルとなる。」

 

私たちの企業モットーは「Create Tamale Model」です。Tamaleは、ガーナ北部の都市の名前であり、Tamaleをふくむガーナ北部にロールモデルとなるようなコミュニティを創出していくという思いを込めて、事業に取り組んでいます。 

 

なぜ、ガーナ北部なのか?

 

ガーナ北部では、南部と比べて土地が瘦せており、カカオやパイナップルなどのなどの商品作物が生産できないことが原因で、所得が低く、貧困層が多いという厳しい状況があります。特にMion郡では、住民の半数以上が一日1.9ドル以下の生活水準で生活しています (Ghana Statistical service 2015)

 

一方で、ガーナ北部の住民は働く意欲が高く、事業を創出することによって現状を打開できる可能性を見出しました。 

 

KAMBANGの農場で働く人々

 

現在のパートナーであるAyuba Ahmed Muinも意欲の高いガーナ北部の住民の一人でした。彼との出会いをきっかけに「ガーナのなかで南部地域より所得が低い北部地域において、生活水準を確実に向上させられる。そんな成功事例を作りたい。(= Create Tamale Model)」という信念を持って事業を展開しています。 

 

 

■ミッション「ガーナ農村地域住民の生活の質を向上させる」の実現に向けて 

 

私たちは過去5年間、ガーナ北部において雇用や産業の創出に取り組んできましたが、それだけでは、地域住民の生活は向上しませんでした。

 

何が問題だったのでしょうか? 

 

コミュニティには、住民が生活するうえで必要な安全な水の確保ができていませんでした。 

 

雨水のため池から、飲み水を取っている。 

 

現地住民の生活水準を向上させるためには、 

 

・現地に産業を創出すること 

・安心・安全な社会インフラを確立すること 

 

この両輪で課題を解決していく必要に気づきました。 

 

▷現地に雇用や産業を創出する(これまで) 

 

コメ・大豆・とうもろこしの生産や、農業機械のレンタルを通じて地域農業の活性化に取り組んできました。特に、ガーナ北部では台数が少ない、費用が賄えない、などの理由により農業機械へのアクセスが不足しており、コミュニティでは農民が農作物を収穫できないために捨ててしまうこともありました。このような機会ロスを防ぐため、トラクターやコンバインのレンタルに注力してきました。 

 

過去5年間の事業で、現地住民の雇用を生み出した

 

▷安心・安全な社会インフラを確立する(本プロジェクト・これから) 

 

私たちがコミュニティ内で雇用や雇用などを創出するといった経済的な支援を行ったとしても、水のアクセスが無いことはコミュニティを活性化していくうえで、大きなボトルネックとなっています。住不衛生な水を飲料水としているために腸チフスにかかり、よって今年だけで3人が命を落とした現状からも、井戸の建設は緊急的に取り組まないといけないことだと考えています。住民が生活するうえで必要な安全な水の確保ができていないことは深刻な課題です。日本でも、一日でも断水すると経済活動に大きな影響を与えます。 

 

 

■住民が水へのアクセスを得ることのインパクト

 

コミュニティに井戸がない現在、地域住民は雨水のため池から水を汲んでいます。また、水場まで遠いことが長年の大きな課題となっておりました。今回のクラウドファンディングでは、コミュニティ内外の約300人の地域住民に水を提供することができます。このことで、以下の3つのインパクトを与えることができます。 

 

①地域住民の感染症の発症を防ぐ 

住民はため池を飲料水として利用しています。このため池の利用者のなかで腸チフスによって今年、3人が命を落としました(現地調査より)。不衛生な水を生活用水として使うことは、特に子どもたちにとって感染症(コレラや腸チフス、赤痢)の大きな原因となっています。清潔な水を届けることで地域住民の感染のリスクを減らします。 

詳細はこちら

 

②子どもたちの就学率の向上 

遠くの井戸まで水の確保をするため、子どもたちが日中、水汲みを強いられています。そのため学校に行く時間がありません。井戸を設置することで子どもたちが学校に行く時間を確保できます。 

 

③住民の所得向上 

仕事をしたいものの、水汲みに多くの時間を取られるため、仕事をする時間を十分に確保できない住民がいます。水汲みの時間を削減することで仕事の時間を確保し、住民の所得向上に寄与します。 

 

 

■コミュニティの潜在能力を引き出す

 

水へのアクセスの整備による社会基盤の強化をすることは、コミュニティの経済・社会の両面からの底上げや、コミュニティの潜在能力を引き出すことにつながります。

 

 

コミュニティの全体像と井戸の建設による影響圏(イメージ)

 

 

井戸の建設によって、大人が水の入手に取られていた時間を大幅に削減し、経済活動に割くことができます。これにより、現地住民約300人の生活環境が大きく変わることは間違いありません

 

このプロジェクトは、「ガーナ北部における地域経済活性化の成功事例」を作り出し、他の地域にもこのモデルを広めていく、確実な足がかりになります。

 

以上の理由から井戸が必要です。私たちの強い思いにご賛同していただき、どうぞご支援をよろしくお願いいたします。 

 

 

■寄付金の使い道    

 

手押し式の井戸を建設します。見積書を入手し井戸建設では、およそ70万円の費用が必要です。このうち30万円をクラウドファンディングによって集めます (手数料・為替変動を考慮し目標金額は45万円に設定しています) 。もし、井戸の建設費を上回ってご寄付いただいた場合は、超過分を現地住民の社会インフラ改善(電気・通信等)のために使用することとします。

 

井戸建設の見積書(2022年9月時点)

現地企業のZamzam drilling and engineering Ltd.に依頼予定。

   

※支援活動内容と、集まった資金に応じた具体的な使用項目については、責任を持ってこのページまたは新着情報を通じて報告いたします。  

 

※将来的な井戸の維持管理については、私たちはコミュニティに隣接する農場で事業を行っているため持続可能な井戸の運営が可能です。   

 

支援地のコミュニティ

 

 

■プロジェクトメンバー

 

Ayuba Ahmed Muin 

KAMBANG Farms and Supplies Ltd.  

Executive Director 

ガーナ北部出身のガーナ人で、今日まで10年以上にわたって社会貢献活動に熱心に取り組んできました。彼は2000年代初頭に政治的に著名になりました。この地域で影響力を持つようになった彼は、社会的に恵まれない人々や貧しい人々の福祉を擁護することに力を注いできました。2006年に非政府組織NORGAVO(Northern Ghana Volunteers)に参加し、人々の生活向上を目指したプログラムを策定しました。これが「孤児、困窮者、特権者のための学校」(SORNEP;School for the Orphans, Needy and the Privileged )の設立につながり、同校の地域コーディネーターに就任しました。SORNEPとともに、MODEV(Movement for development)を結成しました。ラジオで多くのことを話し、貧困撲滅と社会悪の撲滅、そしてすべての人のより良い生活環境の実現を提唱しています。Cape Coast 大学在学中。 

 

土橋 啓泰 

KAMBANG Farms and Supplies Ltd.  

Director 

2012年にガーナにはじめて渡航し滞在した東部州の孤児院「Nation Boulders International School」を支援する学生団体「ガーナの子どもとShare Step」を設立。支援慣れをしている孤児院を「お金を生み出す方法を教える」というアプローチとで支援。名古屋大学大学院国際研究科在学中はガーナ東部州のキャッサバの流通について研究。たとえ小さな行動でも、多くの人の人生を豊かにすることができるガーナに魅力を感じ事業を行っている。2013年にMuinと知り合い、北部の現状を変えたいという思いが一致し、2016年より事業を開始。

 

西島 杏実

KAMBANG Farms and Supplies Ltd.  

Director

2013年より学生団体「ガーナの子どもとShare Step」の自立支援のアプローチに共感し、活動を開始する。専攻は化学で、2021年に博士(工学)を取得。「化学の力で貧困問題を解決したい」という想いを持ち、その道筋を模索中。現在は大学院の助教として教育・研究活動を続ける一方で、2019年からKAMBANG Farms & Supplies ltd.にジョイン。 

 

 

 

参考文献

Ghana Statistical service (2015) Ghana poverty mapping report

 

 

プロジェクト実行責任者:
西島杏実(KAMBANG Farms and Supplies, Ltd.)
プロジェクト実施完了日:
2023年6月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

2023年1月より地質学調査を開始し、6月末までに井戸の建設を完了される。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資本により補填します。

プロフィール

私たちKAMBANG Farms and Supplies Ltd. は「ガーナ農村地域住民の生活の質を向上させる」というミッションのもと、農業関連事業を行っています。「国際協力は、ビジネスによって持続可能になる」という考えのもと、私たちは2016年からガーナ北部にて事業を行なっています。北部州Mion郡の1つのコミュニティに焦点を当て、農地開発や農業機械のレンタル事業に取り組んできました。

リターン

5,000+システム利用料


【5,000円】井戸建設報告書・サンクスレター

【5,000円】井戸建設報告書・サンクスレター

・ サンクスレター(メールでお送りします)
・ 井戸建設報告書報告書(PDF)


現地ディレクターのAyuba Muinからの感謝のメッセージも同封します。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

10,000+システム利用料


【10,000円】井戸建設報告書・サンクスレター

【10,000円】井戸建設報告書・サンクスレター

・ サンクスレター(メールでお送りします)
・ 井戸建設報告書(PDF)

現地ディレクターのAyuba Muinからの感謝のメッセージも同封します。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

20,000+システム利用料


【20,000円】井戸建設報告書・サンクスレター・ ガーナ写真素材集

【20,000円】井戸建設報告書・サンクスレター・ ガーナ写真素材集

・ サンクスレター(メールでお送りします)
・ 井戸建設報告書(PDF)
・ガーナの写真や動画(データ)

現地ディレクターのAyuba Muinからの感謝のメッセージも同封します。 ガーナで撮影した写真、動画をデータとしてお送りします。データは、著作権フリーにしますので転用していただけます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

30,000+システム利用料


【30,000円】井戸建設報告書・サンクスレター・寄付者芳名版にお名前記載(小)

【30,000円】井戸建設報告書・サンクスレター・寄付者芳名版にお名前記載(小)

・ 井戸建設報告書(メールでお送りします)
・ 井戸建設報告書(PDF)
・ 寄付者芳名版にお名前を記載します(小フォント)

井戸を大切に使ってもらうために、近くに寄付者芳名版を建設する予定です。こちらのリターンでは、小さいフォントでお名前を記載させていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

50,000+システム利用料


【50,000円】井戸建設報告書・サンクスレター・寄付者芳名版にお名前記載(大)

【50,000円】井戸建設報告書・サンクスレター・寄付者芳名版にお名前記載(大)

・ サンクスレター(メールでお送りします)
・ 井戸建設報告書(PDF)
・ 寄付者芳名版にお名前を記載します(大フォント)

井戸を大切に使ってもらうために、寄付者芳名版を建設する予定です。こちらのリターンでは、大きいフォントでお名前を記載させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

100,000+システム利用料


【100,000円】井戸建設報告書・サンクスレター・寄付者芳名版にお名前記載(大)・オンライン個別報告会(希望の方)

【100,000円】井戸建設報告書・サンクスレター・寄付者芳名版にお名前記載(大)・オンライン個別報告会(希望の方)

・ サンクスレター(メールでお送りします)
・ 井戸建設報告書(PDF)
・ 寄付者芳名版にお名前を記載します(大フォント)

井戸を大切に使ってもらうために、寄付者芳名版を建設する予定です。こちらのリターンでは、大きいフォントでお名前を記載させていただきます。 希望者の方にご希望の日時にてZoomで報告会を開催いたします。プロジェクト完了後に個別で開催希望アンケートを実施いたしますのでどうぞご回答ください。報告会では、井戸の建設の成果だけでなく、私たちの事業に関してもお話しいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

プロフィール

私たちKAMBANG Farms and Supplies Ltd. は「ガーナ農村地域住民の生活の質を向上させる」というミッションのもと、農業関連事業を行っています。「国際協力は、ビジネスによって持続可能になる」という考えのもと、私たちは2016年からガーナ北部にて事業を行なっています。北部州Mion郡の1つのコミュニティに焦点を当て、農地開発や農業機械のレンタル事業に取り組んできました。

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
総計
113人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする