「ゴミがすべての始まりだった。」の友寄です。

クラウドファンディング挑戦ページにご訪問いただきありがとうございます。

今回は海洋汚染、ゴミ問題について少し書きたいと思います。

 

ここ最近、スターバックスのストロー廃止の動きなど企業の環境保全等に対する具体的な活動が注目を集めています。

このような企業の活動が改めて海洋ゴミの問題に注目を集めるきっかけになることは素晴らしいことだと思います。

そして、各地でグローバルかつローカルな人々の活動として、 ビーチクリーン活動などが持続可能なムーブメントとして、繋がっていくことが大切だと思っています。

考えてみますと学生時代からビーチクリーンを始めて活動していた時とは違い「#ビーチクリーン」などハッシュタグをインスタなどでフォローしていると世界各地でビーチクリーンや街のゴミ拾いの活動をする方々が日々いることを知ることができます。SNSをはじめソーシャルの世界で一つの活動がつながり、互いに感化されたり、応援しあい、勇気づけられたりすることができるようになったことを改めて今年の11月の「ゴミがすべての始まりだった。」の再稼働に向けて準備を進めながら感じています。

 

冒頭に話を戻しますと、プラスチックの海洋ゴミ問題がスタバのストロー廃止の動きに等に合わせて注目を集めています。

昨日私が出会ったフォーブスジャパンのある記事(「プラスチックごみより酷い「タバコの吸い殻」の海洋汚染」/ https://forbesjapan.com/articles/detail/22896)には「タバコの吸い殻」が海の汚染に繋がっているという記事がありました。確かに、これまでビーチクリーンをしてきた中でもストロー同様タバコの吸い殻も多かった記憶があります。ポイ捨てが海洋汚染に直接影響を及ぼしています。

今後は「ゴミがすべての始まりだった。」の活動を通して、社会に向けてタバコのポイ捨て注意など海洋ゴミや汚染に関する啓もう活動をホームページや活動の中で実行していきたいと思っております。

 

どうぞご支援の程よろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ