プロジェクト終了報告

2017年03月13日

こっこ保育園に市民のおひさま共同発電所を設置しよう!成立

 本年2月14日をもちまして、本プロジェクトはおかげさまで成立いたしました。

支援していただいたみなさま、本当にありがとうございました。みなさま方の賛同を力に自然エネルギーの普及に、引き続き、精いっぱい頑張ってまいります。

 

 本プロジェクトは設置費用総額280万円のうちの70万円を目標に設定しました。そしてこの目標額を達成するために支援のお願い等、頑張ってきました。(残り210万円は別途、寄付及び協力金をチラシにより呼びかけて集めることを3月から始めています)

 当初、なかなか支援が集まらず、もっとわかり易い、支援したことが実感できるリターンがいいのではないかなどと考えました。そして、これに賛同してくれる会社を探したりした結果、築野食品工業さまが賛同してくれて、こめ油をリターンに追加することができました(健康によい料理用油)。 2月に入ってようやく、徐々にではありますが賛同していただける方が増えて来ました。少し増えてきますとさらに賛同してくれる方が広がり2月14日の締切には目標額(70万円)を越えて 71万4千円集まりました。遠くはドイツや福島の方々からの支援も得られて本当にうれしかったです。
 

 現在(2月末)、太陽光パネルの設置は完了しました。(支払はもう少し先になりますが)以下の写真が設置完了直前のものです。


 今回、ご支援いただいたお金はこの設置費用の一部に充てさせていただきます。

 リターンにつきましてはほぼ4月には終えられるよう進めてまいります。ただし、講演会にお伺いする件につきましては支援者様と相談の上、時期を設定したいと考えています。

 

 今後のわたしたちの活動ですが、

 ひとつは、この3号機設置の残りの費用(210万円)を集めることと、こっこ保育園と一緒に点灯式、環境保全、教育プログラムを作成して子どもたちに興味を持ってもらえるよう進めてまいります。

 さらには4号機、5号機、。。。と設置を進めます。資金の問題が必ず付いて回りますが発電による収益も増えてきますので、それと賛同していただける方々のご支援を併せてすすめてまいります。 ゆくゆくは電気を売るだけでなく、電力を供給することを目指し、地産地消を実現し、ひとたび事故が起きると何十年、何百年さらにそれ以上かかる事故処理が必要な原発はなくして、自然エネルギー100%の世界が実現できるように、歩みは遅いかもしれませんが、一歩一歩進めて行きます。未来の人類に住みよいきれいな環境を残すために。

 

 今回のご支援、本当にありがとうございました。そしてこれからもわたしたちのファンになってください。 みなさまがたにもよいことがありますように。よろしくお願い致します。