プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

皆さまの温かいご支援のおかげで、目標の48万円に到達することができました!心より感謝と御礼を申し上げます。(2017年6月22日追記)


プロジェクト期間を7日残している中で、次なる目標にチャレンジさせていただくことにしました!


当初より昨年同様の参加者が使用するテント数をご支援いただければ、ということをファーストゴールとしていたのですが、白山開山1300年で今年の参加者の増加が見込まれており設営機材も含めて自費で賄うことになるのですが、+24万円集まればテントと設営機材が全て賄うことができます。

 

よって、ネクストゴールとして72万円を目指します。

 

プロジェクト最終日まで挑戦を続けますので、引き続きご支援をお願いいたします!

 

「白山ジオトレイル実行委員会」委員長/赤坂剛史

 

「サハラマラソン」で気付いた、夢と仕事を両立する人の挑戦する人の素晴らしさ。4回目の「白山ジオトレイルマラソン」でテント泊7日間250キロに挑みます!

 

初めまして「白山ジオトレイル実行委員会」委員長の赤坂剛史です。私はこれまで「過酷」と言われる食料背負いテント泊にいくつか挑戦してきました。子どもの頃、体重80kg超えの運動音痴で人見知り。目立つことが大の苦手だった私を変えてくれたのは、世界で最も過酷と言われる「サハラマラソン」です。

 

「サハラマラソン」は自身の食料を背負いながら7日間テント泊で250キロ完走するというもの。大会当日は、気温50度以上の酷暑の中、背負っている水を飲み干してしまい、危うく脱水症状になりそうなこともありました。しかし、こうした過酷な状況下でも、多くの外国人選手と互いに励まし合いながら一歩一歩突き進み、なんとか完走することができました。

 

挑戦後、共に戦った彼らが人生を存分に楽しみ、輝いているように見えた私は「このような大人が日本にも増えれば......」と思いました。

 

そこで、夢と仕事を両立しながら人生を楽しむ大人を日本にも増やすため、4回目の「白山ジオトレイルマラソン」を開催します!今年は白山開山1300年を迎える記念すべき年。石川県の霊峰白山を舞台に、テント泊7日間250キロの完走を目指します!開催には仲間を絆を深める場所となるテントが必要のため、皆さまの温かいご支援を必要です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
世界で最も過酷と言われる「サハラマラソン」

 

霊峰白山から日本を元気に!白山の自然の中で困難を乗り越えてゴールを目指す。

 

舞台となる「霊峰白山」は、手付かずの大自然や日本古来の白山信仰の修験道など......大自然の中で自分自身と対峙することにふさわしい場所となっています。

 

私は、ここ白山で日本初の「7日間250キロのステージ制ロングトレイルレース」を開催することができれば、白山から日本や世界を元気にすることができる!と確信し「白山ジオトレイル」と名付けて実行委員会を立ち上げました。

 

「白山ジオトレイルマラソン」は、国や地域、宗教や文化に関わらず「競争より共走」の精神で挑むことが大事です。仲間を助け合い絆を深め、自然の中で困難を乗り越えてゴールを目指していく挑戦こそが「共走の精神」を持った「勇気と元気」を人々に与える勇者に成長させます。

 

プレ大会として開催した「白山ジオトレイル2013」では、白山市長が応援に駆けつけてくださるなど、37名の挑戦者全員が素晴らしい笑顔で無事にゴールすることができました。数々の反省はありましたが、「リタイヤしそうになったけどスタッフのみなさんの応援に励まされた」「挑戦する機会を作って頂いて本当によかった」といった声を励みにここまで続けることができています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
「白山ジオトレイル2013」の様子です!

 

テントが狭くて外に寝る選手も......大型テントで仲間と絆を深めてほしい!

 

白山開山1300年記念となる今年。

「第4回白山ジオトレイルマラソン」を8月に開催します。

 

~「第4回白山ジオトレイルマラソン」の詳細~

 

●日時:2017年8月20日〜26日(前日19日受付)

●場所:石川県白山市の白山と白山麓

●種目:7日間250キロ6ステージ、3日間100キロ3ステージ

●人数:両種目各60名

 

今回皆さまからいただいたご支援は、新たに購入を検討しているテント代に使用する予定です。理由として、これまで使用していたテントが4人用の小型のテントだったため、テント内で選手同士が絆を深める雰囲気が出来にくいと感じていたからです。 小型のテントの場合、3〜4名が窮屈に寝泊まりするしかなく、テントが狭くて外に寝る選手もいました。

 

ここで、今大会より大型テントを導入できれば、1つのテントに8〜10名が寝泊まりすることができます。私がこれまで参加してきた大会においても、大きいテントだと仲間と絆を深めることができていたので、テントの大きさは重要だと思っています。テントでの滞在時間を長くすることで、仲間との「共走」を深く感じて絆を深めて欲しいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
これまで使用していた小型テント

 

世界の「白山」を「共走」の精神で繋げる!「白山ジオトレイルマラソン」を広めたい。

 

「白山ジオトレイルマラソン」はスポーツイベントというより、チャレンジイベントです。 これまでに参加した方はアスリートばかりではなく「難病の兄弟を勇気付けたい 」「子どもたちに自分の生き様を見せたい」「社員に挑戦する姿を見せたい 」など......個々の想いを持って参加しています。

 

白山の白は、清廉、純情、潔白、汚れのない、神聖、正義などの世界共通の意味を表しており、ヨーロッパのモンブランや、アフリカのキリマンジャロなど、白い山の意味を持つ山と並んで、世界の「白山」を「共走」の精神で繋げていきたいです。

 

「白山ジオトレイルマラソン」に挑戦する人が増えれば、挑戦する姿を見て元気や勇気を受け取る人たちがたくさんいることでしょう。「挑戦が誰かの挑戦に繋がる」「日本が元気になる」そうした思いを大切に「白山ジオトレイルマラソン」をさらに良いイベントにしていきたいです。

 

皆さまの温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

「共走」の精神でゴールを目指します!

 

赤坂剛史の経歴

 

 

~マラソン出場経歴~

2008年:サハラマラソン(モロッコ)

2009年:アタカマ砂漠マラソン(チリ)

2010年:ゴビ砂漠マラソン (中国)

2010年:南極マラソン

 

すべての挑戦は決して楽な挑戦ではありませんでしたが、挑戦することで自分が元気や勇気を与える存在になっていることに気がつきました。

 

■皆さまへのリターンについて■

 

ご支援頂いた皆さまには「白山ジオトレイル実行委員会」より特別なリターンをご用意しております!皆さまのご参加もお待ちしておりますので、是非応援お願いいたします。


最新の新着情報