オイスカの活動と共に、「ハーモニカを学ぶ障害者・子ども達支援」を唄ったコンサートが、今週の土曜日(7月2日)に、オイスカ西日本研修センターで開催されます。

西日本新聞6月30日付朝刊の「掲示板」に掲載されました。

コンサートはスライドを使いながら様々な曲を演奏していきます。

アルゼンチンのライブで録画した「手作り太鼓で踊り歌う子ども達」の動画も紹介します。子ども達は貧しくて、満足に食事を採れないのですが、友人達が週に一回、食事を作ってふるまっています。子ども達のあっけらかんとした姿の次には、オイスカで研修に励んでいる研修生全員にステージに上がってもらい、リズムマシーンに合わせて行う即興演奏で思い切り踊ってもらいます。バンブーパーカッションも登場して演奏してもらいます。

8月の台湾大会に参加する3人の障害者による演奏(パフォーマンス)も披露します。