プロジェクト概要

世界一の安全とも評されるキューバ。カリブの真珠とも言われるキューバには、雄大な自然と人の愛に包まれています。普通のガイドブックでは感じることの出来ない魅力をまとめた、キューバの人気ガイドブック「素顔のキューバ案内」。今回はその第二弾を製作するプロジェクトです!

 

皆様、はじめまして伊東淳史と申します。私は19際の時から世界各国を旅して周っています。これまでに訪れた国は37カ国。様々な国で文化や魅力を感じ続けています。そして今年2月、「素顔のキューバ案内」というガイドブックを出版致しました。

 

amazonラテンアメリカ部門のガイドブックでは、ランキング1位になるほど多くの方に購入をして頂きました。 本書は普通のガイドブックではありません。ふと、あなたがキューバに旅に出たくなるような、情報を集めています。本当に人気のローカルスポット。ソウルフードなど彼らの生活に入り込んだようなガイドブックです。

 

キューバの国内に入り込んだ、ローカルなガイドブックを作ります。

 

 

世界一安全。そしてカリブの宝石とも評されるキューバ。目を奪うような自然。そして温かくも、どこか懐かしさを感じるような優しい人に包まれたキューバ。いま、キューバへの旅行客数が圧倒的に増加しています。

 

2016年までに行きたい国No.1!キューバのおすすめ観光スポット15選より引用

 

 

街中に心地よく流れるキューバサンバ。白いビーチが永遠と広がるビーチ。クラシックカーが街を走る、風情あふれる情景はなにか高揚感を高めてくれます。これまで37カ国程の国を訪れましたが、これほど幸福感に包まれた国はキューバしかありません。大好きな国です。

 

街中で音楽が流れるような愉快な雰囲気です。

 

 

なぜ私はこれほどまでにキューバに魅了されているのか?

 

この理由を探るべく、私はキューバに滞在しました。約60日間を計4回、彼らとともに生活をともにしました。わかったことはこの国の観光資源は「人」だということです。キューバ人の心や精神といった内側の部分に触れてこそ、キューバという国のおもしろさがわかりはじめる。私はこの気持ちを多くの方に感じてもらうため、一冊の本を出版しました。

 

 

前作として出版した「素顔のキューバ案内」です。

 

 

非常にありがたいことに、多くの読者から感想をいただきました。

 

❏閉鎖的な国だと思っていたが、魅力的な国だと感じました。

❏自然体のキューバ人の生活を感じる事ができた。

❏キューバ人と触れ合ってみたい などなど。

 

その中でも「キューバに行ってみたい」という声を多くいただきました。そういった後押しもあり、キューバのローカルな生活や、本当に人気のスポットや食事など、どこよりもローカルな情報を集めた「素顔のキューバ案内 第二弾」の出版が決まりました!

 

キューバのローカルな市場の様子です。

 

 

「素顔のキューバ案内 第二弾」では、キューバの首都ハバナに特化します。外国人や観光客が行くような店は巷で出回る地球の歩き方等のガイドブックにお任せして、私はキューバ人が生活のために通う市場、食堂、酒場にスポットを当てます。地元民のように旅できるように解説もいれたガイドブックの製作を目指します。

 

美しくカラフルな街並み。世界遺産にも登録されるような絶景なども楽しみながら、ローカルの情報をどこよりも詰め込んだガイドブックを参考に、あなただけのキューバを楽しんでいただける内容を目指しています。

 

 

メジャーなガイドブックは他に任せておいて、ローカルに地元の方が好む場所を優先した作品に仕上げます。

 

 

しかし、今回の出版では資金面での援助は一切ございません。行き慣れたキューバといえど、やはりまとまった期間と取材費が必要不可欠です。今回はより詳細な情報を集めた、濃度の濃いガイドブックの製作を目指すため取材費として100万円程資金が不足しています。

 

前回キューバに訪れたときの写真です。この愉快で幸せな雰囲気を皆様に届けたい。

 

 

キューバという国の現状を、ほぼすべての日本人が知りません。なので私は地球の裏側にこんな素晴らしい世界があることを知ってもらいたいのと、キューバ人のライフスタイルがとても興味深いことを日本人に伝えたいのです。更に、それらを知ることで多くの人々の日常生活が精神面でより豊かなれば、この上ない幸せでもあります。

 

キューバには、現代の日本社会で失われつつある愛や幸せが今も残り続けています。本当の意味での幸せの捉え方、それを私に気づかせてくれたのがキューバ人であり、この国なのです。なので私はこの幸せのカタチをより多くの人々に教えてあげたい!という想いから、このプロジェクトを立ち上げました。どうか多くの方に応援を頂き、第二弾の書籍を出版したいと思います。どうか温かい応援よろしくお願いいたします。

皆様にキューバの素晴らしさを届けるため、応援お願い致します。