こんにちは。
寺子屋方丈舎の岡 加代です。

 

今日から9月2日の『子ども食堂』の実施に向けて、生活困窮世帯の子どもたちへ、チラシを配布しての参加の声掛けがはじまりました。

 

 会津若松市では、平成19年12月から生活困窮世帯向けの学習支援プログラムを行ってきました。しかし市では、専門職員の勤務形態などの問題から不定期で開催せざるを得ませんでした。
 今回、9月2日から実施する学習支援つき『子ども食堂』プロジェクトは、このREADY FORを通じて皆様からのご支援頂きましたことで、毎週1回、生活困窮世帯の子どもたちに夕食の提供と学びの場の提供が継続的に実施できるようになったことが事が、とても大きな発展です。

 

 『子ども食堂』が、子どもたちにとって食事が楽しい場所、勉強も分かる場所、そして安心できる居場所に位置づけされるには、継続的に実施するしくみがどうしても必要なのです。

 

あと19日。
目標も69%まできました。
今後とも応援よろしくお願いいたします。
 (^◇^)ノ
 

新着情報一覧へ