本日の新着記事はある方の有名な詩の紹介からいたします。

You may say
I'm a dreamer, but I'm not the only one
I hope some day you'll join us
And the world will live as one

「君は多分僕が夢見る人と言うかもしれない。
しかし、私だけじゃなんいだ。
いつか君も僕たちと一緒になろうよ。
そして、世界が一つになりますように」

これはジョン・レノンが世界平和を願い書いた詩です。そして、地球の一人一人が一緒になり共に分かち合いながら生活しましょうという願いが込められています。



上に掲載いたしました可愛らしい優子ちゃんの写真をご覧ください。彼女は生まれてからすぐにインスリン注射を毎日5回ぐらい打ち続けなければなりませんでした。現在でも毎日彼女は自分で注射を打ち続けています。もしかするとこの新着記事をご覧になっている今、彼女は注射を打っているかもしれません。

また、注射に苦しむ事だけでなく、周りの人々から様々な偏見によって苦しんでいるかもしれない事を想像さなってみてください。


しかし、これは優子ちゃんだけの問題ではありません。全世界には多くの1型糖尿病で肉体的に、そして、精神的に苦しんでいる子供たちがたくさんいることを想像なさって頂ければと思います。そして、少しでも1型糖尿病に関する偏見を無くし、少しでも早く根治できますよう、多くの皆様の暖かいご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

絵本翻訳
満平学
 

新着情報一覧へ