みなさん、こんにちは!

本プロジェクトページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

IDFC企画担当の塚本沙世と申します。

本日は、私がIDFCの魅力(IDFCらしさ)を皆さまにお伝えしたいと思います!

 

IDFCは2014年度に始まり、今年度で第3回目となります。

前例のないなかで開催されたIDFC2014、より多くの人を巻き込み開催されたIDFC2016、そして今年度はどのような発展、そして進化をすることができるのかが改めて試されています。IDFC運営の方々が想い繋いできたバトンを受取り、今年度だからこそ私たちにできることは何かを日々考え運営に励んでいます!

 

 

ここで一つ、IDFCの魅力をお伝えしようと思います。IDFCの魅力とは常に「挑戦」する姿勢があることだと思います。毎年IDFC運営委員は、前年度を超えるべく新たな挑戦を続けています。同様に参加者にも、プログラムを通して多くの挑戦する機会を提供しています。「失敗を恐れず挑戦することの大切さ」は、考え行動することでもあります。しかし、この挑戦をする・行動するにはいくつかの壁が存在します。自信がないことに対する躊躇、不十分な動機付け、人それぞれではないかと思います。IDFCでは、このような壁を一つでも多く乗越えられるようなきっかけがたくさんあるプログラムです。

 

 

私自身、将来について迷い悩んでいる時期に、参加者としてIDFCに参加しました。そこでは、様々な出会いから多くの気づきや学びを得て、自分が若者として、そして塚本沙世として担える「役割」について道が開けるきっかけとなりました。自分のためではなく、誰かのために、社会のために、チーム一丸となり議論を重ね発表することで、私は人生における新たな視点に出会うことができました。

 

 

今年度もIDFCが、誰かの人生において次のステップへ進むための糧になるべく、企画を練り上げていきたいと思います!

 

最後に、プロジェクト開始から数日で44%が達成されました!
ご支援いただいた皆様、本当にどうもありがとうございます!

 

これからもIDFCをどうか宜しくお願い致します。

 

新着情報一覧へ