イラクの子どもたちのための温かなご支援、誠にありがとうございました。改めまして深く御礼申し上げます。JVCイラクボランティアチーム「よくなる・むすたくばる」の福原です。

 

 11月が終わり、ご支援頂いた皆様へのサンクスレターを準備しており、順調に発送作業が進行中です。12月中に皆様のお手元に届くよう感謝と真心を込めて準備しておりますので、ぜひ楽しみにお待ち頂ければと思います。

 

 

 「感謝を込めて、真心を込めて…」と準備する中ですが、何重にも確認しながらの作業となり、根気が必要です!これも多くのご支援を頂いたからこその非常に嬉しいことだと感じております。レターが皆様のお手元に届いたとき、温かみを感じて頂けるものに仕上げたいと、チーム一丸となって頑張っています。

 

 「もしイラクの人々が日本に生まれていたら」と考えることがあります。少なくとも現在の日本では「戦争」ということを、身を持って体感することはありません。爆弾に巻き込まれ家族や友人を亡くすこともなく、殺人事件があればニュースになる国です。

 

 イラクで夢や希望を亡くした人たちが日本に生まれていたら絶対に違う人生があったと思います。生まれる場所を自分で選ぶことは出来ませんから、こんな風に生まれた国によって自分の可能性が、時には生死が決まってしまう現実を、私は非常に悔しく感じるのです。

 

 

 作成中のサンクスレターを通じて感謝の思いをお伝えすると共に、イラクという場所が皆様にとってより身近に感じられるものになるよう、心を込めてご準備致します!

 

ぜひ楽しみにお待ちください。

今後とも皆様の温かなご声援をよろしくお願い申し上げます。


JVCイラクボランティアチーム「よくなる・むすたくばる」
福原智美