READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

イラク避難民キャンプに厳しい冬を越すためのコートを配りたい!

認定NPO法人IVY

認定NPO法人IVY

イラク避難民キャンプに厳しい冬を越すためのコートを配りたい!
寄附総額
1,625,000

目標 1,500,000円

寄附者
152人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

終了報告を読む


16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2017年10月30日 17:36

キャンプに住む避難民の方のストーリー②

皆さま

 

Marhaba!(アラビア語でこんにちは)

IVYイラク事務所の片野田です。

 

皆さまのご支援のおかげで、寄付額が15万円に達しました!ありがとうございます!

 

日本も寒くなってきましたが、イラクもこれからどんどん冷え込んでいきます。キャンプに住む避難民の方々は、コートを必要としています。達成率はまだ10%、これからも広報を頑張ります。

 

前回から、避難民の方の生活を知っていただくため、インタビューを掲載しています。イラクに300万以上いる避難民の方々のうちの1人で、昨年IVYの越冬支援を受け取った、ザイドさんにお話を伺いました。

 

前回のストーリーは、こちら

 

モスルの村で、普通に生活をしていたザイドさん。突然現れた過激派組織に追われ、家族と一緒に村から脱出しました。モスルの別の場所で、避難生活を始めましたが…

 

 

 

「モスル奪還作戦(*)開始後、爆発や空爆がひどくなり、新しい避難先からも逃げなくてはなりませんでした。みんなで丸一日歩いた後、車に乗ってキャンプに到着しました。セキュリティチェックが終わるまでの3日間は、屋外で寝ました。それからテントを支給され、キャンプで暮らし始めました。

 

キャンプでの生活は楽ではありません。もちろん安全を手に入れることはできましたが、冬はとても寒く、夏はとても暑いキャンプで暮らすのは、とても大変です。多くの団体が、食料・衣料・教育などの支援をしてくれますが、十分とは言えません。

 

私たち家族は、キャンプに何の服も持って来ることが出来ませんでしたので、IVYの冬物衣料の配布は、大変ありがたい支援でした。頂いたコートのおかげで、子ども達は温かい冬を過ごすことができました。」

 

*モスル奪還作戦については、過去の記事をご覧ください。

 

 

 

空爆を逃れ、必死でたどり着いたキャンプ。そこで待っていた生活は、決して楽なものではありませんでした。ザイドさんのストーリーは、次回(最終回)に続きます。

 

今でもキャンプで、私たちの支援を待ち続けている家族がいます。このクラウドファンディングを成功させ、避難民の方々に、何とか冬を越していただきたいと思っています。

 

どうかご支援をよろしくお願いします。

 

一覧に戻る

ギフト

5,000

あなたの支援で2人が冬を越せます

●寄附金領収書
●お礼のメッセージ(E-mailでお届けします。)
*5,000円で、コート2着分(男女各1着)の購入費となります。

寄附者
83人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

10,000

あなたの支援で4人が冬を越せます

●寄附金領収書
●お礼のメッセージ(E-mailでお届けします。)
●越冬支援の詳細をお伝えするニュースレター
●ポストカード
*10,000円で、コート4着分(男女各2着)の購入費となります。

寄附者
68人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

50,000

あなたの支援で20人が冬を越せます

●寄附金領収書
●お礼のメッセージ(E-mailでお届けします。)
●越冬支援の詳細をお伝えするニュースレター
●ポストカード
*50,000円で、コート20着分(男女各10着)の購入費となります。

寄附者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

100,000

あなたの支援で40人が冬を越せます

●寄附金領収書
●お礼のメッセージ(E-mailでお届けします。)
●越冬支援の詳細をお伝えするニュースレター
●ポストカード
100,000円で、コート40着分(男女各20着)の購入費となります。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

プロジェクトの相談をする