今年7月の豪雨で西日本各地でたくさんの方が無くなられ、又水害、土砂崩れで家屋、交通機関、生活の糧であった様々な田畑を破壊された方々に対して心からお見舞い申し上げます。報道によると各地でその後勇気を出して再び立ち上がられる姿をみて何回感動させられたかわかりません。私たちも人的被害こそなかったのですが、神社を私たちの世代で復興しなければという気持ちで頑張っています。

 

ところで、先日近所のある方が、西部八幡の崩壊した景色をみて、【周りの拝殿、石垣、鳥居広場は原型をとどめないで崩れてしまったのに、本殿だけは落ちずにのこっているよね】とつぶやいているのを耳にしました。その言葉を聞いて、私はまだ残っているので、皆で元に戻してくれないかと言っているような気がしました。もちろん私たちもし本殿【落ちていたら】もう一度みんなで立ち上がろう、再建しようと思わなかったかもしれません。

 

この神社の祭礼をお世話頂いている弓削高濱神社の亀山宮司さんのお話によると、八幡様はもともと勝利祈願、子育て祈願、漁業守護、海上安全、出世海運、合格祈願、家内安全をもたらす神様であるとのことです。

 

今回の状況を見て、本来のおかげのひとつである合格祈願もして頂ける神様であることに気がつきました。このページをご覧になられた方には一層のご支援頂きたく改めてお願いしたいと思います。ご支援を基に私たちも頑張りたいと思います。

よろしくお願い致します。  

 

宮総代 古本

 

新着情報一覧へ