皆様、ゴールデンウイークは有意義に過ごされましたでしょうか?ここ数日、怒涛の雨に見舞われ、水害がひどいジャマイカより西田です。

 

本日、Nickyという名前の知らない女性から電話がかかってきました。「体操のコーチですよね?あなたにぜひ話をしたいことがあるんです」というので話を聞くと、彼女はダウンタウンキングストン(キングストンの中でも一番治安が悪く、貧困地区が多い地域)を回ってキリスト教の普及活動をしている、との事でした。

 

貧困地区の子どもたち。隊員時代にやっていた日曜日のクラスに来ていました。

 

「私はあなたの事も体操の事も何も知らないんだけど、貧困地区にすむ子どもたちがくるくる空中でバック転をしていて、すごいの。彼らは毎日外で練習しているわ。何か、彼らがその才能を生かせることがないかと思って、あなたの事を見つけて連絡したんです。彼らが将来悪い方向へ向かう前に、何かできないかと思ったの」

 

ということでした。

 

アツい!という事で、さっそく彼女と一緒に今週金曜日、その地域のコミュニティーセンターを見に行くことにしました。実際にクラスを行うには、器具の準備、コーチの確保、治安の面やクラスを行う場所の確認など、色々と準備が必要です。クラスが出来そうな状況が整えば、9月の新学期を目標に準備を進めたいと思います。

 

このお話が来る前、ダニエルのお父さん、(子どもが17人いるBig Dadyです!ダニエル選手は末っ子の17人目)からインタビューをいただいてまいりました。Nickyさんのから頂いたお話とまったく一緒の内容です。やはり、スポーツがジャマイカの若者に与える影響は大きいのだな、と思います。そして、誰かが彼らを良い方向へ導いてあげないといけない、その通りだと思います。教育機会の少ない貧困地区の子どもたち、彼らを良い方向へ導ける活動をもっと提供できる西田ジムにできるよう、その大きな一歩になる体育館建設。皆様のご支援、お気持ちと共に、責任を持って成し遂げたいと思います!

 

 

いよいよ西田ジム体育館建設プロジェクト終了まで残り10日ほどとなりました。

 

最終日まで最終目標達成するために頑張りますので、皆様のご支援、また知人やご家族の皆様への拡散のご協力、宜しくお願い致します!

 

新着情報一覧へ